学長あいさつ

公立大学法人富山県立大学 学長 下山 勲

 平成31年4月1日、富山県立大学第7代学長に就任しました。

 本学は、科学技術の振興と地域産業の発展に寄与することを目的に創設された「富山県立大谷技術短期大学」(昭和37年4月開学、昭和47年4月「富山県立技術短期大学」に名称変更)を起源とし、経済界等からの熱い期待を受けて、平成2年に開学しました。

 また、平成27年4月に公立大学法人化したことに伴い、県内産業への人材供給と若者の定着に貢献し、一層魅力ある大学となるよう学科拡充を実施し、平成28年度と平成29年度の2年間で、入学定員を100名増員しました。

 具体的には、平成28年4月に、複合材料、ロボット分野を拡充するため、機械システム工学科及び知能デザイン工学科の拡充を行い、平成29年4月には、全国でも珍しい、医薬品の製造・開発などを研究する「医薬品工学科」を新設しました。

 そして、今年度からは、工学系単科大学から脱皮し、新たに富山キャンパスに看護学部を開設して、医療・看護分野においても活躍する人材を育成していきます。また、2020年度までには、「電子・情報工学科」を「電気電子工学科」と「情報システム工学科」の2学科に再編拡充するとともに、射水キャンパスには新たな校舎が完成し、大学の施設をよりいっそう充実させます。

 富山県には、国内外に誇れる優れた技術を持ち、若い技術者の活躍に期待する多くの企業があります。富山県立大学は、地域の知の拠点として、創造力と実践力を兼ね備えた人材の育成や高度な研究開発、さらに地域産業の連携により、魅力ある大学として、「ドンドン マスマス」発展していきます。

平成31年(2019年)4月

 

式辞

ページトップ