地域連携センターオープンラボ

本学では、先端的な研究や本学教員と企業等との産学連携を推進するため、令和2年4月に中央棟1階にオープンラボを設置し、本学教員と連携して研究を行う企業や研究機関の皆様に貸出を行っています。
この施設を拠点に本学教員との産学連携が推進されることを期待しています。

施設概要(施設詳細はこちら)
・施設名称:富山県立大学地域連携センターオープンラボ
・所在地 :射水市黒河5180 富山県立大学射水キャンパス内
・入居期間:原則1年(最長5年まで延長可)

配置図
・賃貸居室:全4室

仕様・使用料

名称 面積 R2年度年額使用料(税込)
オープンラボA 32㎡ 633,681円 入居中
オープンラボB 32㎡ 633,681円
オープンラボC 59㎡ 1,168,350円 入居中
オープンラボD 31㎡ 613,879円 入居中

※オープンラボCは、壁の一部はガラス張り、ドラフトチャンバーを設置

主な設備
・天井高:2,700mm
・積載荷重:5,000N/㎡
・電気容量:ラボ全体: 1φ3W200/100V 250A 3φ3W200V 250A
・分 電 盤:各部屋に電灯50A、動力50Aの分電盤を設置
・空調設備:セパレートエアコン天井カセット型
・換気設備:天吊型シロッコファン
・給水設備:各部屋1箇所(オープンラボCは2箇所)
・排水設備:各部屋2箇所(オープンラボCは4箇所)
・都市ガス設備:各部屋1箇所(オープンラボCは2箇所)
・入退室管理:カードシステムにより24時間入退室可能
・電話設備:別途個別契約必要
・ネット環境:別途個別契約必要

使用者負担
・電気料金
・水道料金
・ガス料金
・電話料金
・インターネット使用料
・産業廃棄物委託料金
・各部屋で使用する設備・備品等の搬入・搬出経費

入居条件
本学の研究成果の活用又は本学との連携(共同研究等)により、産学連携を推進する企業・研究グループ(個人は含みません)
①本学教員との連携(共同研究等)により新技術・新商品開発に取り組む企業・研究グループ(これから連携しようとする者を含む)
②本学の研究成果をもとに事業化を目指す企業・研究グループ
③本学の教員と連携して産学連携を推進し、本県の産業の発展に寄与すると見込まれる企業・研究グループ

入居者選定方法
入居者の選定にあたっては、本学が設置するオープンラボ入居審査委員会において、提出のあった事業計画書等をもとに書面審査を行い、入居者を決定します。

入居までの流れ ※次回の募集時期は別途ご案内します。
1.申請書類の作成:申請書類を作成していただきます。
2.申請書類の提出:申請書類を提出していただきます。
3.審査委員会(審査):審査委員会を開催し、申請書類に基づき、事業計画等について書面での審査を受けます。
4.入居者決定:審査委員会での審査結果を受け、理事長が貸付許可書を発行します。
5.賃貸借契約書の締結 賃貸借契約を締結していただきます。
6.入居:契約締結後

必要書類
申請時にご提出いただく書類は以下のとおりです。
富山県立大学地域連携センターオープンラボ貸付申請書(Word)
・事業計画書
・会社等概要
・決算書

問い合わせ先
〒939-0398 富山県射水市黒河5180
公立大学法人富山県立大学事務局教務課情報研究係
0766-56-7500(代表)

入居者募集要項(PDF)[参考:令和2年2月募集時のもの]

 


ページトップ