機械システム工学専攻

機械システム工学専攻

「環境調和型ものづくり」を基本姿勢とし、先端的で高度な機械工学とその周辺分野についての専門知識を身につけ、さらにライフサイクルアセスメント(LCA)工学に基づく統括的な専門領域の学問を理解し、斬新な創造力と思考力を発揮できる高度な専門技術者および研究者の養成を目標に、次の3部門で教育・研究を行っています。


■機械エネルギー工学部門

 「環境調和型ものづくり」を支えるエネルギー変換・利用技術の高効率化・高度化と深く関わる伝熱現象や流動現象、熱物性について研究を行っています。

■エコデザイン工学部門

 環境に調和する機械設計技術について研究します。金属・セラミックス・複合材料などの強度評価、応力のコンピュータシミュレーション、自動車の騒音・振動評価、可動部材の摩擦・摩耗評価、ライフサイクルアセスメント(LCA)による環境負荷評価、コンピュータによる機械系設計支援手法(CAD)の研究を行っています。

■エコマテリアル工学部門

環境調和に配慮した新材料や新加工プロセスを開発、研究します。工業材料(金属、高分子、セラミックス、複合材料、金属間化合物など)の生産、加工、性能評価などの基礎と応用の研究を行っています。生産技術、加工法の開発をはじめ材料物性、材質改善及び用途開発なども重要な課題です。

機械システム工学科ホームページ

ページトップ