医薬品工学科

伝統ある「くすりの富山」で
製薬を工学する。

医薬品、食品および化学関連分野で活躍できる創造力と実践力を兼ね備えた人材を育成し、健康長寿社会の実現に向けて、優れた医薬品の開発・製造に貢献します。物理、化学、生物の幅広い学問領域を基礎として、工学的視点から安全かつ優れた効能をもつ医薬品の開発・製造および先端医療技術の開発に取り組みます。近未来の超高齢化社会における医療・福祉に関する諸課題を解決するため、医薬品開発・製造に係る教育研究拠点の構築を目指します。


医薬品工学科ホームページ

学科キーワード

  • ■医薬品製造
  • ■医薬品材料
  • ■ドラッグデリバリーシステム
  • ■ファインケミカル
  • ■ナノバイオテクノロジー
  • ■バイオ医薬品
  • ■再生医療

教育理念

医薬品工学は、医薬品の開発と製造に関わる学問で、医学、薬学、化学、農学、食品などの幅広い産業分野に応用され、工学的観点から安全で優れた効能をもつ医薬品を効率良く製造することで健康、保健、医療等の今日的課題を解決していくために、発展が期待される学問分野です。
医薬品工学科は、物理化学、無機化学、有機化学、材料工学、生化学、微生物学、薬理学、細胞工学、製剤学等の学問領域を基礎としており、医薬品の研究・開発・製造に携わるための基礎的な学力を身に付け、将来、医農薬、食品、化学関連分野で活躍できる、創造力と実践力を兼ね備えた人材を工学の観点から育成することを目標にしています。
医薬品工学分野の基礎・応用能力を育成するために、少人数教育による講義、演習、実験及び各種ゼミを実施し、課題研究・卒業研究に主体的・意欲的にチャレンジさせ、多面的な思考力を養います。
医薬品産業およびこれに関連した産業の新技術創出や製品開発を行うために必要かつ有用な人材を育成し、富山県及び地域の発展に貢献し、ひいては人類の健康と幸福に役立つ学科を目指します。


関連資格

  • ■MR認定者
  • ■バイオインフォマティクス技術者
  • ■実験動物技術者(2級)
  • ■危険物取扱者
  • ■毒物劇物取扱責任者

想定される進路

  • ■製薬関連企業
  • ■化学系企業
  • ■プラスチック容器関連メーカー
  • ■食料品メーカー
  • ■化粧品メーカー

講座紹介

■製薬化学工学講座

医薬品は、人々の健康・長寿・幸福に貢献するため最先端の科学的知識・技術やノウハウ等を集約して開発・製造されています。本講座では、医薬品を患者さんのもとへ届けるため、安全、安定的に商業スケールで生産できるようにするための研究を行います。さらに、新しい医薬品・生体医工材料や医療デバイスの開発、「必要な薬を必要な時間、適切な場所」に届けることを可能にする技術であるDDS(ドラッグデリバリーシステム)の開発を目標に、研究に取り組んでいます。

  • 製薬化学工学講座
  • 製薬化学工学講座

■バイオ医薬品工学講座

現在、抗体医薬品は医薬品市場において重要な役割を果たしています。特にがんや自己免疫疾患の領域で開発・上市が相次いでいます。また、次世代の医薬品として注目されている核酸医薬品やiPS細胞を用いた再生医療など、最先端のバイオテクノロジーを用いた医薬品・医療技術の開発が活発に行われています。
本講座では、このような最先端技術を駆使した創薬研究および創薬支援研究を展開するとともに、人々の健康・長寿・幸福に貢献できる人材の育成を目指し、研究を行っています。

  • バイオ医薬品工学講座
  • バイオ医薬品工学講座
ページトップ