令和6年4月新設予定 情報工学部(仮称)の概要について

富山県立大学では、「情報」を軸とする工学の専門知識と、データサイエンスの専門知識を兼ね備えた人材の育成や、社会の潜在的課題を見極め、解決策を見出す能力を持った人材の育成を目指し、令和6年4月に情報工学部(仮称)の新設を予定しています。

なお、情報工学部(仮称)は、現在設置構想中のため、ここに記載されている内容は今後変更になることがあります。

情報工学部(仮称)紹介チラシ
上の画像をクリックいただくと、詳細な内容をPDFでご覧いただけます。

情報工学部(仮称)の設置構想概要

教育の特色

  1. データサイエンスの専門教育
  2. 少人数によるゆきとどいた教育
  3. デザイン思考による課題発見解決力
  4. 企業の技術者との連携授業
  5. 人間性豊かな技術者の育成につながるカリキュラム編成
  6. 学生の自立を促すキャリア教育

「データサイエンス」とは?
社会にあふれる多様かつ膨大なデータを分析・解析し、新たな「価値」を見出す学問です。
情報通信、製造、製薬、金融、教育、医療、流通小売など様々な分野で活用が進められています。

学科構成

学科名(仮称) データサイエンス学科
(新設)
情報システム工学科
(工学部から移行)
知能ロボット工学科
(工学部から移行)
定員(予定) 40名 60名 60名
主な教育内容
(予定)
  • データサイエンスの数理的理論から応用実践を教育
  • 情報工学を軸とした工学の専門知識を教育
  • デザイン思考の教育によって他者との協働による課題発見・解決能力を育成
  • 情報システム工学の専門性を身につける
  • リアル世界とバーチャル世界の様々な時空間データを扱い、革新的な情報システムについて研究する
  • 社会課題の把握とその解決を目指し、社会実装を通して実践・応用能力を養う
  • 情報、機械、電子の工学分野に立脚するロボットに関わる工学やデータサイエンスの基礎を教育
  • 革新的な科学技術につながる研究を実践
  • 困難な科学技術課題にも挑戦し解決方法を見出す、創造力と実践力を育成
取得学位(予定) 学士(データサイエンス) 学士(工学) 学士(工学)

(参考)大学全体の学部・学科構成

入試情報

情報工学部(仮称)全学科共通
大学入学共通テスト 個別学力検査等
学校推薦型
選抜
免除 数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B)
外国語(コミュニケーション英語Ⅰ・同Ⅱ)
面接
一般選抜
(前期日程)
国語 「国語」 -
数学 「数学Ⅰ・数学A」と「数学Ⅱ・数学B」 数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ・数学A・数学B
理科 「物理」「化学」「生物」から1科目 物理(物理基礎・物理)
外国語 「英語」 -
一般選抜
(後期日程)
国語 「国語」 課さない
数学 「数学Ⅰ・数学A」と「数学Ⅱ・数学B」
理科 「物理」
外国語 「英語」

配点や出題範囲の詳細は検討中です。
ここに記載されている内容は、今後変更になることがあります。

必ず令和5年夏以降に公表予定の「入学者選抜要項」「学生募集要項」を確認してください。

設置場所

富山県立大学射水キャンパス(富山県射水市黒河5180)

 

射水キャンパス紹介360°パノラマビューはコチラ!
キャンパスライフギャラリーはコチラ!
サークル紹介はコチラ!

ページトップ