知能デザイン工学専攻

知能デザイン工学専攻

知能デザイン工学専攻は、機械工学・電子工学・情報工学のいずれかの学問領域に軸足を置きつつ、三領域にまたがる広範な知識と幅広い視野をもって賢いシステムを設計できる、多才な人材を育成することを目標としています。そのために、本専攻では、軸足を置く領域の高度な専門知識を身につけるとともに、周辺領域の関連知識を学び、マクロからミクロレベルまで幅広い視野で次世代のさまざまな技術を開発できる研究者・技術者を育成するために、以下の4つの部門で教育・研究を行っています。


■知能システム工学部門

 メカトロニクス技術により高知能・高機能なロボットについて考究します。

■知的インタフェース工学部門

 ヒトの機能に学んだ賢いヒューマン・インタフェースを考究します。

■マイクロ・ナノシステム工学部門

 先端ものづくり技術であるマイクロ・ナノ領域の加工、計測、そしてバイオ計測を考究します。

■電子ナノデバイス工学部門

 ナノテクノロジー、ナノ構造制御により新規機能材料の創製と電子ナノデバイス応用を考究します。

知能ロボット工学科ホームページ

ページトップ