工学部概要

2020年4月、電気電子工学科および情報システム工学科を新設します。

工学部概要

電気電子工学科 ココが変わります!

電気電子工学科
写真:JAXA提供

 電子材料、集積回路、光・電磁波、制御技術など電気電子工学の基盤となる領域を広げ、実用化のシステム技術分野も拡充し、エネルギーから情報まで様々なエレクトロニクス分野で活躍できる高い技術力を有する人材を育成します。具体的には、次の研究分野を深く学ぶことができます。
■強誘電体やSiCなどの先端電子材料
■先端電子材料を応用するシミュレーションやデバイス・回路
■光・電磁波を利用した計測やイメージング
■エネルギー・環境などのシステム制御

情報システム工学科 ココが変わります!

情報システム工学科

・専門分野・領域の区切りを再構築し、より基盤的・実用的な領域ごとに特化して、それぞれ教育・研究を進める体制に変わります。
・センシング・識別技術等の情報技術を用いて、人間の特性を理解するための人材育成を行います。新設の看護学部と共に看護理工学分野の拡充を目指します。
・課題解決・価値創造のための統合的なデータ収集・解析・制御技術の開発を行います。様々なシステムを対象に、数学的なモデリングや最適化、検証の方法を教育・研究します。

学科構成

教養教育
機械システム工学科
知能ロボット工学科
電気電子工学科
情報システム工学科
環境・社会基盤工学科
生物工学科
医薬品工学科

電子・情報工学科

教育の特色

工学に向学心をもつ学生を、確かに成長させていきます。

  1. 1.少人数による
    ゆきとどいた教育

     少人数教育を中心に、―人ひとりの学生にゆきとどいた教育を行い、基礎学力の向上や人間カ・実践カ・創造カの養成に力を入れています。1年次には「教養ゼミ」、2年次には「トピックゼミ」、3年次には「プレゼンテーション演習、専門ゼミ」、4年次では研究室での 「卒業研究」を行います。

  2. 2.人間性豊かな技術者の
    育成につながるカリキュラム編成

     1年次から専門教育を学習し、基礎学力と広い視野を同時に身につける “クサビ型カリキュラム”の導入により学習意欲を増進させるとともに、人間的成長に応じて高学年次にも教養教育科目を開講し、豊かな人間性と幅広い視野を持った技術者の育成を図っています。

  3. 3.基礎知識・基礎技術の
    確実な修得

     全ての学年のカリキュラムに、実験や実習を多く設け、講義内容の理解を深めるとともに、学生が自らの力で未知の分野の技術を開拓する応用能力の育成を図っています。

  4. 4.学部・大学院を通じた
    連携教育体制の確立

     学部・大学院(博士前期課程)の6年一貫教育を意識した体系的なカリキュラムを確立しています。大学院のMOT(技術経営)科目などを学部生にも開放し、より高度な技術および広い視野を持った職業人の育成に取り組んでいます。

  5. 5.学生の自立を促すキャリア教育
    (キャリア形成教育)

     学生のキャリア形成につながる実践的かつ体系的なプログラムを、入学から卒業まで一貫して実施しています。学生の自立心と高い志で学び続ける意欲を育成し、生涯にわたり着実にキャリアを形成していく力の向上を支援します。

  6. 6.体系的な環境教育プログラムの実施
    (環境リテラシー教育)

     持続可能な社会の実現に向けて、「環境への幅広い視野と倫理観」(環境リテラシ一)を備えた工学技術者を育成するため、導入教育から専門教育に至るまでの体系的な環境教育プログラムを実施しています。


ページトップ