看護学部カリキュラムポリシー

教育課程の編成方針[カリキュラムポリシー]

  1. 人間・社会・文化・自然についての広い視野や深い洞察力、現実を正しく理解する力を涵養する
  2. 社会人として必要な、コミュニケーション能力、情報活用力、言語能力(英語力含む)、キャリア形成力などを養う
  3. 身体的・精神的側面からの人間理解、及び病態の成り立ちと障害に伴う人間の反応を学ぶ
  4. 安全・安楽を探求する看護に、効率性・機能性などの工学的な視点を取り入れ、看護を幅広く創造する能力を育む
  5. 人々の健康的な生活を支援するために、多様な観点から考察する能力(クリティカル・シンキング)や創造的思考力により主体的な課題対応能力を育む
  6. 看護専門職としてのアイデンティティを育成し、社会における役割と責任を学ぶ
  7. あらゆる健康段階に応じた人々の多様な価値観を尊重し、適切な看護ケアを提供するための知識と技術を培う
  8. 保健・医療・福祉などのあらゆる場において、地域での生活を見据え、看護を実践する能力を身に付ける
  9. 看護文献を批判的に読む能力、看護実践の中から研究課題を見出し探究する能力を培う
  10. 国内外の医療・看護体制や健康課題、及び国際的な看護活動を学び専門性を発展させていく姿勢を培う

ページトップ