はじめに

大寺・高屋研究室のWebページへようこそ。私達は光計測の研究をしています。大寺グループではマルチスペクトル・イメージング用デバイスの開発を中心に研究を行っています。デバイスの核であるサブ波長フォトニック素子の光物理から電磁界シミュレーション、微細加工技術による素子の試作実証、そして画像センシングに至る広い領域を守備範囲にしています。

■研究内容
各研究項目を簡単に紹介しています。発表論文リストなどもこちら。

(左) Microoptics Conference 2019 (富山) / (右) PIERS 2019 (厦門)

■研究室配属を検討している学生の皆さんへ
本研究室でできること、そして過去の学生が携わったテーマなどを紹介しています。 研究室への訪問も遠慮なく。 2018年度専門ゼミの様子はこちら

■研究室メンバー 2019年度専門ゼミ生7名が配属されましたNEW

■アクセス

更新情報・お知らせ

ガンプラ製作教室第2弾開催! (講師は電波研のMさん) NEW
卒論発表会終了! ひと休みがてらガンプラ製作教室始まりました~~ NEW
同じ電子通信システム講座の小島・大倉研究室と合同で忘年会を行いました!
中国・厦門(アモイ)で行われたPIERS 2019でB4の佐藤藍梨さんが発表しました
福井大学で行われた応用物理学会北信越支部学術講演会でB4の池田奈央さん、佐藤藍梨さん、田中晴康君が発表しました
国立天文台(三鷹キャンパス)でB4の田中晴康君が電波天文学とのコラボレーションについてディスカッションしてきました
富山国際会議場で行われた微小光学国際会議(MOC 2019)にB4の池田奈央さんが参加しました
高校生向けアカデミック・インターンシップ講座を実施しました
ダ・ヴィンチ祭で「立体万華鏡を作ろう!」と題した工作教室を実施しました
Applied Optics誌に掲載されたフォトニック結晶型スペクトロメータの論文が、 OSA(米国光学会)のSpotlight on Opticsに選出されました
初代メンバーによる専門ゼミの様子をupしました。
研究室の初代メンバーが配属されました

↑ PAGE TOP