menu

村上達也 経歴

学歴

  • 1989(H1)年 4月   大阪大学 工学部応用化学科(指導教官、柳田 祥三 教授)
  • 1993(H5)年 4月   京都大学大学院 工学研究科分子工学専攻 博士前期課程(指導教官、森島 績 教授)
  • 1995(H7)年 4月   京都大学大学院 工学研究科分子工学専攻 博士後期課程(指導教官、森島 績 教授)
  • 1998(H10)年 3月 京都大学から博士(工学)の学位を受ける

職歴

  • 1998(H10)年 4月   協和発酵工業株式会社 研究員
  • 2003(H15)年 4月   科学技術振興機構 SORST飯島澄男研究チーム c/o がん研究会がん研究所(芝 清隆 部長) 博士研究員
  • 2005(H17)年 6月   藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 助教(土田 邦博 教授)
  • 2007(H19)年10月  科学技術振興機構 さきがけ研究員(兼任)
  • 2009(H21)年 1月   京都大学 物質−細胞統合システム拠点 助教(今堀 博 グループ)
  • 2009(H21)年 4月   京都大学 物質−細胞統合システム拠点 iCeMS京都フェロー/PI(村上グループ)
  • 2013(H25)年10月  京都大学 物質−細胞統合システム拠点 准教授(村上グループ)
  • 2016(H28)年 4月– 富山県立大学 工学部医薬品工学科 教授、京都大学 物質-細胞統合システム拠点 客員教授

担当講義

  • 製剤工学(物理薬剤学、製剤学)
  • 薬物送達学(ドラックデリバリーシステム(DDS)、バイオマテリアル)
  • 生化学演習(脂質と膜、核酸、遺伝情報、タンパク質の合成・精製)
  • プレゼンテーション演習(DDSに関する英語総説読解とレポート発表)
  • 製薬化学工学(大学院講義:DDS、コロイド化学、光化学)

担当実習

  • 薬剤学実習(リポソームの作成・物性評価、アスピリンの安定性、PKシミュレーション)

 

pagetop