生物工学研究センターとは

建物外観写真平成18年度の生物工学科の発足と同時に、大学の研究施設と試験研究機関の交流・調整機能を兼ね備えたバイオテクノロジーの拠点として生物工学研究センターが開設されました。*

* 富山県バイオテクノロジーセンター(平成4年度〜17年度)は廃止され、旧生物工学研究センターと富山県バイオテクノロジーセンターの機能が統合されました。

概要

  • バイオテクノロジーに関する、実用化をめざした基盤研究や応用研究の展開
  • 学際的・横断的課題への取組み、大規模研究プロジェクトや知的クラスターの拠点
  • 優れた人材の確保、創造性豊かな研究者の育成
  • 産学官の共同研究
  • 研修員の受入技術指導

組織

研究内容

No. プロジェクト名 研究グループ
代表者
研究グループ
学内メンバー
1 動植物酵素の異種宿主における可溶性発現技術の開発とそれらの有用物質生産への利用 生物工学科
教授 浅野 泰久
(生)日比准教授
(生)松井助教
2 ERATO浅野酵素活性分子プロジェクト(特別重点研究) 生物工学科
教授 浅野 泰久
(生)松井助教
3 微生物細胞の巨大化・脱巨大化 生物工学科
教授 西田 洋巳
(生)大島准教授
4 生活習慣病等の予防を目指した機能性食品の開発 生物工学科
教授 生城 真一
(医)榊教授
(生)鎌倉講師
(医)安田助教
5 天然由来生体機能性物質の探索と応用に関する研究 生物工学科
教授 五十嵐 康弘
(生)奥 講師
(生)春成助教
6 メタゲノム由来各種酸化還元酵素遺伝子の解析とその応用 生物工学科
教授 伊藤 伸哉
(生)牧野講師
(生)戸田助教
7 ベツリン誘導体を有効成分とする薬剤に関する研究 医薬品工学科
教授 中島 範行
(医)濱田講師
(医)村上教授
8 多環式天然物の化学合成と生物活性 生物工学科
教授 占部 大介
(生)岸本准教授
9 植物固有の代謝機能の解明と工学的利用 生物工学科
教授 加藤 康夫
(生)野村准教授
(生)北岡助教
(環)川上教授
10 植物を高度利用する機能性電子材料と微細加工技術の開発 医薬品工学科
教授 竹井 敏
花畑 誠 客員教授
11 ナノ粒子製剤の簡易作製法開発 医薬品工学科
教授 村上 達也
(生)占部教授

お問い合わせ先

〒939-0398 富山県射水市黒河5180
富山県立大学・生物工学研究センター
TEL:0766-56-7500 FAX:0766-56-2498
加藤 康夫(植物機能工学講座