【研究室について】

研究内容

化学・生物・医薬学分野の先端研究では、迅速に極微量成分を分離・検出して構造解析することが重要です。
当研究室では、質量分析学・分離化学を中心として翻訳後修飾タンパク質、代謝物、天然物、ポリマーなどの
工業材料、環境物質、錠剤や添加剤、不純物等の検出・構造解析・定量分析のための新規計測法・解析法を
開発しています。
また、開発した新規計測法を用いて生活習慣病等の疾患原理解明や診断法の研究をしています。
質量分析法

質量分析法は、分析化学の様々な手法の中でも特に高感度・高精度で高速データ処理が可能な分析手法です。
当研究室では質量分析法を用いて、分子の組成解析と構造解析、高感度定量分析、生体・材料表面の成分の
局在解析(質量分析イメージング)、多変量解析・主成分解析やAIによるマーカー探索の技術を駆使して研究を
進めています。
検出と解析

質量分析法で分子の構造を解析するためには、試料中の分子をイオン化して目的分子のイオンのみを選択的に
抽出し、それを断片化(フラグメンテーション)して、その断片を分離・検出して得られたデータから解析します。
本研究室では既存・新規のイオン化法やフラグメンテーション法についての基礎・応用研究も行っています。


【研究室の設備】


試料前処理法、分離法、解析法、分析法、質量分析の相談・依頼・利用、
研究室の案内等ついてはご連絡ください。

(富山県立大学 工学部医薬品工学科 大坂一生)