口頭発表:1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009




平成18年度(2006)口頭発表

1. 岡崎誠司、鈴木淳巨、米田英伸、浅野泰久、山根隆
Dアミノ酸特異的アミダーゼの結晶構造と機能
第19回日本放射光学会年会、放射光科学合同シンポジウム、2006.1.9(名古屋)

2. Y. Asano
A new enzymatic method of nucleotide production
2006 Pacific Rim Summit on Industrial Biotechnology and Bioenergy
2006.1.12 (Honolulu, Hawaii, USA)

3. 浅野泰久
大学でのバイオの取り組みと地域貢献について
第18回和歌山バイオサイエンスフォ−ラム2006.2.2(和歌山)

4. 桃井千巳、山崎瑞恵、浅野泰久
Baliospermum montanum由来hydroxynitrile lyaseのcDNAクローニング及びin vitro タンパク質発現
2006年度日本農芸化学会大会、2006.3.26(京都)

5. 山崎瑞恵、浅野泰久
Manihot esculenta由来(S)-hydroxynitrile lyase遺伝子へのランダム変異導入による活性型酵素の発現量上昇
2006年度日本農芸化学会大会、2006.3.26(京都)

6. 福田泰久、米田英伸、吉田洋一、浅野泰久
Rhodococcus sp. U224由来ω-ラウリンラクタム加水分解酵素の精製と諸性質の解明
2006年度日本農芸化学会大会、2006.3.27(京都)

7. 米田英伸、山口重徳、浅野泰久
Class A b-ラクタマーゼと相同性を有するBrevibacterium iodinum由来の新規D-アミノ酸アミダーゼの精製と諸性質の解明
2006年度日本農芸化学会大会、2006.3.27(京都)

8. 井上敦、米田英伸、浅野泰久
Xanthobacter flavus由来のアミダーゼを用いたL-α -メチルシステインの合成
2006年度日本農芸化学会大会、2006.3.27(京都)

9. 橘信二郎、桑守祐子、山根隆、浅野泰久
フェニルアラニン脱水素酵素の部位特異的変異による基質特異性改変
2006年度日本農芸化学会大会、2006.3.27(京都)

10. 嘉陽あい、NANDA, Samik、田村健一郎、加藤康夫、米田英伸、浅野泰久
植物由来のHydroxynitrile lyaseに関する研究
2006年度日本農芸化学会大会、2006.3.27(京都)

11. 浅野泰久、加藤康夫
微生物の「アルドキシム-ニトリル経路」の発見-有用アミドおよびニトリルの生産-
2006年度日本農芸化学会大会、2006.3.28(京都)

12. 浅野泰久、米田英伸、橘信二郎
酵素チップの応用技術研究
知的クラスター研究別ヒアリング、2006.5.25(富山)

13. 福田泰久、米田英伸、吉田洋一、浅野泰久
w-ラウリンラクタム加水分解酵素のクローニングと大腸菌での発現
日本生物工学会2006年度大会、2006.9.11(大阪)

14. 橘信二郎、藤井正、浅野泰久
ろ紙血液中メチオニン濃度の酵素蛍光定量法の開発
日本生物工学会2006年度大会、2006.9.11(大阪)

15. 山崎瑞恵、浅野泰久
Manihot esculenta由来(S)-hydroxynitrile lyaseのLys残基への変異導入による発現量上昇
日本生物工学会2006年度大会、2006.9.12(大阪)

16. 浅野泰久、山崎瑞恵
植物酵素ヒドロキシニトリルリアーゼの大腸菌での大量発現
―進化分子工学による変異型酵素の取得―
日本生物工学会2006年度大会、2006.9.13(大阪)

17. Y. Asano
High expression of a plant enzyme (S)-Hydroxynitrile lyase from Manihot esculenta in Escherichia coli-Use of directed evolution and high throughput screening-
10th Japanese-Swiss Meeting on Biotechnology and Bioprocess Development, 2006.9.19 (Kanazawa) 

18. Y. Asano
Development of Industrial and Nano Biotechnology
International Conference on Exploring the Frontier of Nano,Bio & Pharmaceutical Technology
2006.9.26 (Tianjing, China)     

19. 橘信二郎、桑守祐子、浅野泰久
フェニルアラニン脱水素酵素の基質特異性改変とメチオニン定量への応用
酵素工学研究会第56回講演会、2006.10.13(東京)

20. 浅野泰久、山口重徳、米田英伸
アミノ酸アミドラセマーゼ活性の発見とアミノ酸アミドのダイナミックな光学分割による光学活性アミノ酸の合成
酵素工学研究会第56回講演会、2006.10.13(東京)

21. Y. Asano
Development of Enzymes in Microbial and Plant“Aldoxime-Nitrile Pathway”
The Ninth Chinese-Korean-Japanese Enzyme Engineering Conference, 2006.10.30(Ohtsu)

22. S. Okazaki, A. Suzuki, H. Komeda, S. Yamaguchi, Y. Asano, T. Yamane
D-Stereospecificity and the reaction mechanism of D-amino acid amidase from Ochrobactrum anthropi SV3
The Ninth Chinese-Korean-Japanese Enzyme Engineering Conference, 2006.11.1(Ohtsu)

23. K. Wada and Y. Asano
Microbial production of pyridoxine 5'-a-glucoside
The Ninth Chinese-Korean-Japanese Enzyme Engineering Conference, 2006.11.1(Ohtsu)

24. Y. Fukuta ,H. Komeda, Y. Yoshida and Y. Asano
Studies on w-laurinlactam hydrolyzing enzymes from microorganisms
The Ninth Chinese-Korean-Japanese Enzyme Engineering Conference, 2006.11.1(Ohtsu)

25. 浅野泰久
酵素チップの応用技術研究
富山県立大学生物工学研究センター講演会、2006.11.10 (射水)

26. Y. Asano
Studies on the plant enzyme, hydroxynitrile lyase (and the enzymes in the "aldoxime-nitrile pathway")
Japan-Italy Research Cooperative Program: Japan-Italy Symposium of New Trends in Enzyme Science and Technology, 2006.11.15 (Nagoya)



口頭発表に戻る


1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007