新着情報

平成30年度学位記授与式を挙行しました

大学情報

3月16日(土)、アイザック小杉文化ホール・ラポールにおいて、平成30年度富山県立大学学位記授与式が行われ、工学部の卒業生220人と大学院の修了生78人の計298人が、新たな一歩を踏み出しました。

式では、学部卒業生、大学院修了生の代表者に、石塚勝学長から学位記が授与されました。

また、石塚学長が「皆さんが、社会に貢献する立派なエンジニアやリサーチャーとして、大きく、大きく成長されるよう心から祈念する。」と式辞を述べました。続いて寺井幹男理事長から「ぜひ自分に自信を持って、さらに研鑽に励み、今後の人生を切り拓いていただきたい。」と挨拶いたしました。

卒業生答辞では、卒業生代表者が「『工学心』の精神を胸に刻み、自分の夢を実現するよう精一杯努力してまいります。」とこれからの決意を述べました。

さらに、平成30年10月に新たに制定した学歌「明日を拓く」が、初めて披露されました。富山県出身の歌手である布上智子さんと本学アカペラサークルの学生にリードしていただき、出席者全員で歌いました。

ページトップ