富山県立大学「くすりのシリコンバレーTOYAMA」創造コンソーシアム

本学の取り組み

「くすりのシリコンバレーTOYAMA」の概要

富山県の中核的な産業である医薬品産業分野において、産学官連携による研究開発と専門人材育成等に取り組むことで、富山県の医薬品産業の振興を図るとともに、若者の地元定着等を促進します。

  • 募集チラシ


    コンソーシアムミッションからみた本学の役割と目標




富山県立大学の役割

  1. 富山県の医薬品産業の技術力と開発力をレベルアップすべく、医薬品企業へ新たな製剤技術を提供
  2. 富山県における創薬研究における産学官連携の推進と研究開発力の強化
  3. 国内や海外へ、富山独自の創薬研究の魅力を広く発信
  4. 創薬研究を推進して「くすりの富山」のブランド価値を向上

この事業で行う取り組み

  1. クロスアポイントメント制度を導入等して、 トップレベル人材を招へい
  2. 生物工学研究センターを「生物・医薬品工学研究センター 」に改組して拡充
  3. 富山県薬事総合研究開発センターとの連携強化を図り、同センターに、本学のサテライトラボを設置
  4. 大学院修士課程の生物工学専攻を 生物・医薬品工学専攻 に改組


トップレベル人材の招へい

  • Dr. Ulrich Behrendt

    元ロッシュ・ダイアグノスティックス副社長
    専門分野:バイオ医薬品製造

  • Prof. Harald Gröger

    独)ビーレフェルト大学 教授
    専門分野:酵素有機化学研究

  • Prof. Pierre Monsan

    仏)国立応用科学院(INSA) 教授
    専門分野:酵素工学研究・バイオ産業化

  • Prof. Magali Remaud-Simeon

    仏)国立応用科学院(INSA) 教授
    専門分野:酵素工学研究・バイオ産業化




  • Prof. Dr. Jörg Huwyler

    瑞)バーゼル大学 教授

    専門分野:ナノリポソーム研究


  • 橋田 充 氏

    京都大学高等研究院 
    物質-細胞統合システム拠点 特定教授
    専門分野:薬物送達学

  • 根岸 正彦 氏
    (2018-2019 招へい)

    米)国立衛生研究所(NIEHS/MIH) 主任研究員
    専門分野:薬理学・薬物動態学


  • 2021年度 招へい予定のトップレベル人材

    調整中

    2020年度 招へい予定のトップレベル人材

    新型コロナ感染症拡大の為、招へい計画はすべて中止

    2019年度招へい トップレベル人材

    1. 11月27日 ― 11月29日  橋田 充 氏
    2. 10月30日 ― 11月14日  Dr. Ulrich Behrendt
    3. 09月19日 ― 10月12日  根岸 正彦 氏
    4. 03月10日 ― 03月14日  Prof. Magali Remaud-Simeon
    5. 08月26日 ― 10月26日  Prof. Harald Gröger
    6. 07月29日 ― 07月31日  橋田 充 氏

    2018年度招へい トップレベル人材

    1. 03月25日 ― 03月29日  Prof. Jörg Huwyler
    2. 03月10日 ― 03月14日  Prof. Pierre Monsan
    3. 03月10日 ― 03月14日  Prof. Magali Remaud-Simeon
    4. 03月04日 ― 03月15日  根岸 正彦 氏
    5. 02月05日 ― 02月25日  Prof. Harald Gröger
    6. 12月11日 ― 12月13日  橋田 充 氏 
ページトップ