富山県立大学「くすりのシリコンバレーTOYAMA」創造コンソーシアム

バイオ医薬品専門人材育成

概要


今後の成長分野であるバイオ医薬品に関する高度専門人材育成を行います。
医薬品工学科設置による、2021年の大学院改組に伴う課外活動として実施し、
内容の充実を図っていきます。


対象者

富山県内の製薬企業に就職を意識している、
富山県立大学の生物・医薬品工学研究センターの大学院博士課程前期の学生が対象です


専門教育の内容

下記のバイオ医薬品に関する専門講義と実習を行っています。
  • サマースクール<バイオ医薬品コース>受講
    (県内バイオ医薬品企業でのインターンシップ風景)


  • 「質量分析を用いた糖鎖タンパク質の解析」
    専門講義と実習

    こちらからシラバスをご覧いただけます。

  • トップレベル人材による専門講義
    (海外の著名な研究機関などに所属する研究者)



  • 時間割

    2020年度 バイオ医薬品専門人材コース時間割



実習機器例
1.ペプチド構造解析(MSでのフラグメンテーション解析)

ESI/MSnによるペプチドの構造解析と、LC/MS/MSによるペプチドの構造解析について学びます。
  • (1) ESI/MSnによるペプチド構造解析

    「使用機器:Waters社製 LC/MS/MS(Synapt G2-Si HDMS)

  • (2) LC/MS/MSによるペプチド構造解析

    使用機器:Thermo FisherScientific社製 ESI/MSn (LTQorbitrapXL)

  • 2.「ESIによるアミノ酸の脱離イオン化効率」実習
    アミノ酸の物性とESIの脱離イオン化効率の関係を学びます。

    使用機器:Thermo FisherScientific社製 ESI/MS(Exactive)

  • 3.プロテオミクスと糖鎖解析実習
    糖タンパク質のトリプシン消化物の調製と分析、
    また糖タンパク質の糖鎖の遊離とその分析について学びます。

    使用機器:日本電子㈱(JEOL)社製
    MALDI/MS/MS (JMS-S3000 SpiralTOF™-plus)



一般教育の内容

下記のバイオ医薬品に関する専門講義と実習を行っています。
  • ヒトを動かすためのプレゼンテーション(日本語)

  • バイオ医薬品公開講演会
    バイオ医薬品の生産・製造に関する講演会

参考動画



受講発表会の開催

県内製薬企業も参加して受講生が成果発表を行い、企業と学生が交流できる場を提供する。

2020年度 研修報告&講演会 開催風景
第1部 研修報告 第2部 Web講演会 「バイオ医薬品の開発・製造に関わる人材ニーズ -これから必要な人材育成-」



2020年度報告書


2020年度 報告書

(内容等は上の報告書を参照ください)


バイオ医薬品専門人材育成コース

 ※ このコースは、本学大学院生が対象です。


バイオ医薬品専門人材育成コース申込について
 2021年度の募集は 4月5日(月) ~ 4月8日(木) まで (8日は終日受付します)
 募集概要はこちらからご覧いただけます。 →  募 集 概 要
 お申込みをされる場合は、担当教員の先生と事前に相談してください。
 お申込みはこちら → 申 込 ※ 4月5日より有効

 



富山県製薬企業セミナー

富山県には20社以上の医薬品製造企業があり、例年3月初旬にこれらの企業が一堂に会し、企業説明会を開催しています。
各企業の人事担当者より、直接企業概要が聞け、質問をすることができます!

ページトップ