平成26年度

kunori_tabiraki
九里 徳泰 教授、
田開 寛太郎さん
(博士前期課程
環境工学専攻2年)、
他3名(学外)
<表彰の名称>
日本環境共生学会 平成26年度日本環境共生学会学会賞(論文賞)
<受賞内容>
受賞論文「愛知県社会人向け環境リーダー育成事業あいち環境塾の評価と課題」
<研究の概要等>
愛知県がエコタウンプランの中核事業として位置付けている環境リーダー育成事業のあいち環境塾は平成26年度で開塾7年目を迎え、卒塾生が約100名を数えています。本研究では、卒塾生への質問紙調査を実施し、卒塾後の活動実態を分析することによって同塾の効果を評価し、社会人向け環境教育の課題を明らかにします。分析は、調査回答に対してテキスト分析を実施するとともに、トビリシ勧告の5項目を環境教育評価指標とし統計学的検定を実施しました。その結果、個々の塾生における環境に対する意識や能力に対しては教育効果がありましたが、環境リーダーとして環境教育の実践へと動かすことが限定的にしかできませんでした。よって本塾で学んだ塾生が本業や地域社会に戻ったとき、環境問題の解決に向けて積極的に関与できるような教育開発、場の創出が求められます。
<受賞日>
2014年9月27日
浅野教授
浅野 泰久 教授
(生物工学科)
<表彰の名称>
Biocat Award 2014
International Congress on Biocatalysis (Science部門)
<受賞内容>
Biocat Award 2014 in recognition of his outstanding achievements in biocatalysis
この賞は、2004年以来、生体触媒の分野で最も優れた業績を称え、Biocat国際会議にて授与されます。 “Science”, “Life time achievement”,“Industry” の3部門からなり、いずれもバイオテクノロジーにおいて最も名声の高い賞の一つです。今回、日本人初の受賞となります。
<研究の概要等>
種々の新しい酵素反応の発見により、食品、化学、製薬などの産業分野における酵素の産業利用に貢献しました。
<受賞日>
2014年9月2日

教員の受賞についてへ戻る

ページトップ