DX教育研究センター(仮称)

 富山県立大学では、令和4年4月1日にDX教育研究センター(仮称)を開設します。
 DXとは、デジタル・トランスフォーメーションの略であり、デジタル技術を活用することによって社会に変革をもたらし、人々の暮らしをより良くするという概念を指します。本学はDXの取り組みを行うことにより、地域社会はもとより、広く人々の生活を支援するための人材教育や高度な研究を推進します。
 DX教育研究センター(仮称)は、射水キャンパス内に整備し、令和4年4月に供用開始する予定です(図1)。センター内にはオープンなスペースを準備する予定で、イノベーションを起こすために最新の機器を設置し、本学の学生や教員をはじめ、学外の企業や大学の人材を受け入れながら、自由な雰囲気で研究開発が可能な環境を整えます。

(図1)DX教育研究センター(仮称)の外観イメージ

 

(図2)DX教育研究センター(仮称)建設予定地

 

 新規に導入する装置として、没入型仮想環境(CAVE 型ディスプレイ)、モ-ションキャプチャ装置、CNC三次元測定器等があり、企業とともに製品化も視野に入れた実践的・応用的な研究を推進する計画です。また、学術情報ネットワークSINETへの接続や帯域100Gの高速な通信環境も整備します。

 想定している研究分野は、工場や製造業分野(図3)、医療・福祉・看護分野(図4)、屋外・フィールド分野(図5)をはじめ、様々です。先進的な研究の推進を重視する一方で、地域社会への貢献も重要なミッションの一つと考え、自治体との連携も推進する予定です。

 

(図 3) 工場や製造業分野

 

(図 4)医療・福祉・看護分野

 

(図 5) 屋外・フィールド分野

 

 


ページトップ