小児看護学

ページメニュー

お知らせ

 

講座紹介

小児看護の対象は小児と家族であり、社会の変化の中で小児と家族が抱える健康課題を捉えて看護を行うことが求められる。そのため、小児看護学では、子どもの権利、子どもの身体的・心理的・社会的特徴、成長・発達の特徴、子どもと家族の健康を支える社会資源や制度などについての学修に重点を置く。また、子どもとの関わりを通して、成長発達に応じた日常生活の援助と集団生活における感染防止や事故防止のための環境調整についての理解を深めることも重要である。本講座では、子どもの成長発達と援助をはじめ、病気・障がいをもつ子どもと家族の看護の在り方について教育研究を行う。

教員紹介

講 師 若瀬 淳子 (WAKASE, Junko)
 
講 師 高木 園美 (TAKAGI, Sonomi)
 
講 師 寺井 孝弘 (TERAI, Takahiro)
 
助 教 松本 美子 (MATSUMOTO, Yoshiko)
 

講座紹介へ戻る


ページトップ