成人看護学(急性期)

ページメニュー

お知らせ

 

講座紹介

成人期にある人々の特徴をライフサイクルから捉え、心身機能、発達課題、家庭や社会の役割から健康障害や治療に伴う人間の反応を理解することは重要である。
急性・回復期の看護では、成人期にある人の周手術期における、生命、精神・心理的、社会的危機を踏まえた包括的なアセスメントの視点と援助方法、そして、生命の危機的状況から回復・社会復帰していくプロセスに必要な、具体的な看護と理論について、理解を深める必要がある。本講座では、これらに焦点を当て、手術を受ける患者とその家族の看護に関する課題に対して教育研究を行う。

教員紹介

教 授 桒子 嘉美 (KUWAKO, Yoshimi)
 
講 師 寺内 英真 (TERAUCHI, Hidemasa)
 
講 師 二本柳 圭 (NIHONYANAGI, Kei)
 
助 教 竹口 将志 (TAKEGUCHI, Masashi)
 

講座紹介へ戻る


ページトップ