老年看護学

ページメニュー

お知らせ

 

講座紹介

高齢者への看護を展開するには、その人らしさを尊重することを基本とし、加齢や病気に伴う心身の変化に対応しながら暮らす高齢者自身を理解することが重要である。また、高齢者自身を深く理解するには、歴史的背景や個人の生活史を含めた高齢者の全体像を捉える必要があり、高齢者が有する力を引き出すコミュニケーション技術やアセスメントの視点、生活援助に関する理論等の知識が必要である。本講座では、高齢者の健康生活を支える看護の理論と実践に焦点を当てながら、身体拘束や認知症看護などの今日的課題についての検討や対策にも踏み込んだ教育研究を行う。

教員紹介

教 授 竹内 登美子 (TAKEUCHI, Tomiko)
 
講 師 青栁 寿弥 (AOYAGI, Hisami)
 
講 師 伊藤 裕佳 (ITO, Yuka)
 
助 教 米山 真理 (YONEYAMA, Mari)
 

講座紹介へ戻る


ページトップ