老年看護学

お知らせ

2019年10月26日
レビー小体型認知症サポートネットワーク富山
第16回 研修会&交流会開催(外部サイトにリンクします)
 

←詳細につきましては左の画像をクリックしてください(外部サイトにリンクします)

 

2019年8月24日
 レビー小体型認知症サポートネットワーク富山 第15回 研修会&交流会開催!
 
2019年6月29日
 レビー小体型認知症サポートネットワーク富山 第14回 特別講演会開催!


 

講座紹介

 人は年を重ねるごとにさまざまな知恵や経験を身につけます。高齢者の看護は豊かな知恵や経験を有する“その人を尊重する”ことから始まり、加齢や病気に伴う心身の変化に対応しながら暮らす“その人を理解する”こと、そして“その人に応じた看護を実践する”ことだといえます。また、高齢者を深く理解するには、時代的背景や個人の生活史を含めた全体像を捉える必要があります。ゆえに本講座では、表情やしぐさという高齢者からのサインをキャッチする豊かな感性を磨くこと、そのサインの意味を解釈する知識を深めること、および高齢者が有する力を引き出すためのケアコミュニケーション技法や、アセスメント能力の向上に関する学修に焦点を当てています。さらに、今日的課題である身体拘束や認知症看護、専門職連携等に関する教育研究を行っています。

教員紹介

竹内 登美子 (Tomiko,TAKEUCHI)
職位:教授
学位:博士(教育学)
研究分野:認知症看護、手術を受ける高齢者の看護、
     希少難病患者と家族の支援

<著書>

  • 竹内登美子編著(2019):高齢者と成人の周手術期看護1, 外来/病棟における術前看護 第3版, 医歯薬出版株式会社.
  • 竹内登美子編著(2019):高齢者と成人の周手術期看護2, 術中/術後の生体反応と急性期看護 第3版, 医歯薬出版株式会社.
  • 竹内登美子編著(2019):高齢者と成人の周手術期看護3, 開腹術/腹腔鏡下手術を受ける患者の看護 第3版,医 歯薬出版株式会社.
  • 健康と病の語りディペックスジャパン編, 竹内登美子(2016):「認知症本人と家族支援のためのWebサイト」プロジェクト, 認知症の語り, pp.556-572, 日本看護協会出版会.

<論文>

  • 竹内登美子,岡本恵里,小澤和弘,佐藤(佐久間)りか,後藤恵子,射場典子(2019), Webサイト「認知症本人と家族介護者の語り」の構築と活用状況,日本認知症ケア学会,17(4),706-717.
  • 米山真理,竹内登美子,新鞍真理子,青木頼子,牧野真弓(2018).レビー小体型認知症者を在宅で介護する家族の体験―家族が異変に気づいてから診断を受けるまで―,日本看護研究学会雑誌,41(5),935-943.
  • 青栁寿弥,竹内登美子(2017).「認知症高齢者とのコミュニケーション法」のe-learning教材の開発,日本看護研究学会雑誌,40(2),117-127.
  • 青木頼子、竹内登美子、新鞍真理子(2017), 急性期病院で意思疎通が困難な脳血管疾患患者の代理意思決定を行った高齢配偶者の体験, 日本健康科学学会誌, 20(1), 5-12.
  • 林浩靖、竹内登美子、新鞍真理子、青木頼子、牧野真弓(2017), 軽度と高度認知機能低下のある若年認知症者の就労継続に関する体験と思い, 日本看護研究学会雑誌, 39(4), 97-103.
  • Takeuchi T, Muraoka K, Yamada M, Nishio Y, Hozumi I.(2016), Living with idiopathic basal ganglia calcification 3: a qualitative study describing the lives and illness of people diagnosed with a rare neurological disease. Springerplus. 5(1):1713 DOI 10.1186/s40064-016-3390-z.
  • 川口寛介、竹内登美子、新鞍真理子、青木頼子、牧野真弓(2016), 根治的前立腺全摘除術後の患者が排尿障害の改善を実感するまでの経験, 日本看護研究学会雑誌, 39(2), 53-62.
  • 山本愛子、竹内登美子、新鞍真理子(2015), 東海北陸地方におけるアルツハイマー型認知症高齢者を介護する家族の心身健康度に関する研究-要介護者の重症度と主家族介護者の心身健康度に焦点を当てて-, 日本看護福祉学会誌, 20(2), 113-125.

講 師 青栁 寿弥 (AOYAGI, Hisami)
職位:講師
学位:博士(看護学)
研究分野:認知症高齢者と家族介護者の看護,
     教材開発

<著書>

  • 編集:竹内登美子,共著:青栁寿弥,川嶋みどり,斉藤伊都子,竹内登美子,東海奈津子,道券夕紀子,新鞍真理子,比嘉肖江,安田智美,山下暢子(2013).高齢者と成人の周手術期看護3,開腹術/腹腔鏡下手術を受ける患者の看護,17-32,医歯薬出版株式会社.

<論文>

  • 青栁寿弥,竹内登美子(2017).「認知症高齢者とのコミュニケーション法」のe-learning教材の開発,日本看護研究学会雑誌,40(2),117-127.
  • 林 浩靖,青栁寿弥,新鞍真理子,北林正子,塩澤まゆみ,野村典子,瀬山尚子,青木頼子,竹内登美子(2013).総合病院に勤務する看護師の認知症看護の研修に関する理解と研修内容の希望,第43回日本看護学会論文集老年看護,118-121.
  • 青栁寿弥,青木頼子,新鞍真理子,竹内登美子(2012).市民公開講座「認知症本人と家族介護者の語り」の概要と質問紙調査からの知見,富山大学看護学会誌,12(2),93-99.
  • 北林正子,新鞍真理子,塩澤まゆみ,野村典子,瀬山尚子,林浩靖,青木頼子,青栁寿弥,竹内登美子(2012).総合病院に勤務する病棟看護師の退院支援に対する意識について,日本看護学会地域看護,43,67-70.
  • 青栁(永井)寿弥,竹内登美子,矢野正子(2007).パンフレット方式とCAI方式による胃切除患者への食事指導の効果に関する比較研究,日本看護研究学会雑誌,30(5),23-30.

<学会発表>

  • 青栁寿弥 ,竹内登美子,林浩靖,米山真理(2018).レビー小体型認知症サポートネットワーク富山の活動―研修会参加者の理解度変化と満足度の知見から―,第19回日本認知症ケア学会,210.
  • Akiko Araki, Harue Masaki, Mihoko Matsuura Otake, Yuriko Ejiri, Naoko Iida, Hisami Aoyagi, Yuki Yamashita (2016).Development of an implementation protocol of sensing equipment for sleep and bed leaving(睡眠およびベッド離床によるセンシング機器の実行プロトコルの開発),19thEAFONS, P1-23, 40-41.
  • 大久保沙織,新鞍真理子 ,青栁寿弥 ,青木頼子 ,竹内登美子(2013).認知症高齢者の家族介護者になるということ ―社会資源を利用しながら介護する中での体験と思い―,第39回日本看護研究学会学術集会抄録集,280.
  • 堀田美沙,新鞍真理子,青栁寿弥,青木頼子,竹内登美子(2013).認知症とともに今を生きている高齢者の主観的体験 ~希望や喜びなどの快感情を伴う体験に焦点を当てて~,第39回日本看護研究学会学術集会抄録集,280.

<その他>

  • 2018年度ユマニチュード認定インストラクター取得

講 師 伊藤 裕佳 (ITO, Yuka)
職位:講師
学位:博士(看護学)
研究分野:高齢者長期ケア施設における看護、
     看護管理者における介護職のキャリア支援

<論文>

  • 成田香織,田高悦子,金川克子,宮下陽江,立浦紀代子,天津栄子,伊藤(松平)裕佳,臺有桂,河原智江,田口理恵,酒井郁子(2011).農村部の地域高齢者における介護予防事業の参加者と不参加者の特徴.日本地域看護学会誌,13(2),16-22.
  • 伊藤(松平)裕佳,高山成子,菅沼成文,小河育恵(2010).介護老人福祉施設介護老人福祉施設入所者の主観的幸福感に関連する要因,日本公衆衛生雑誌,57(2),121-130.
  • 細川淳子, 金子紀子, 前田充代, 天津栄子, 伊藤(松平)裕佳, 金川克子(2009).A小学校の総合学習に「認知症」の学習を取り入れて,石川看護雑誌,6巻,53-58.
  • 伊藤(松平)裕佳,細川淳子,金子紀子,天津栄子,佐藤弘美,金川克子,伊藤麻美子,前田充代(2008). 認知症予防に関する標語募集からみる地域住民の認知症予防に対する考え方. 石川看護雑誌,5巻,91-97.

<解説>

  • 伊藤(松平)裕佳(2014).【キーワードで学ぶ はじめてのリハビリテーション看護】リハビリテーション看護師に求められる役割 ケアチームとして介護職と協働する.リハビリナース,7(3),223-225.

<学会発表>

  • 伊藤(松平)裕佳,山本武志,井出成美,渡辺美保子,池西静江,酒井郁子(2018).医療関係職種養成施設の専門職連携教育に関する全国調査(第1報:IPE実装の実態と課題について).第11回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会抄録集,57.
  • 2.山本武志,伊藤(松平)裕佳,山本道代,安部博史,井出成美,渡辺美保子,池西静江,酒井郁子(2018).医療関係職種養成施設の専門職連携教育に関する全国調査(第2報:IPE実装の効果と障壁の認識について).第11回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会抄録集,58.
  • 伊藤(松平)裕佳,黒河内仙奈,酒井郁子,深堀浩樹,松岡千代(2016).回復期リハビリテーション病棟のEBP実装における情報収集のための組織的支援.日本老年看護学会第21回学術集会抄録集,117.
  • 黒河内仙奈,酒井郁子,伊藤(松平)裕佳,住谷ゆかり,山口多恵,山崎千寿子,菊地悦子(2015).(交流集会1)長期ケア施設の看護管理における実践と研究.千葉看護学会第21回学術集会講演集,52.
  • 伊藤(松平)裕佳,田所良之,黒河内仙奈,酒井郁子(2012).介護老人保健施設に勤務する介護職の職業履歴とその体験.千葉看護学会第18回学術集会集録,26.

助 教 米山 真理 (YONEYAMA, Mari)
職位:助教
学位:修士(看護学)
研究分野:レビー小体型認知症の人と家族介護者への看護

<論文>

  • 米山真理,竹内登美子,新鞍真理子,青木頼子,牧野真弓(2018).レビー小体型認知症者を在宅で介護する家族の体験―家族が異変に気づいてから診断を受けるまで―,日本看護研究学会,41(5),935-943.

<学会発表>

  • 青栁寿弥 ,竹内登美子,林浩靖,米山真理(2018).レビー小体型認知症サポートネットワーク富山の活動―研修会参加者の理解度変化と満足度の知見から―,第19回日本認知症ケア学会,210.
  • 米山真理,竹内登美子,新鞍真理子,青木頼子,牧野真弓(2017).レビー小体型認知症者を在宅で介護する家族の体験.日本老年看護学会第21回学術集会抄録集,151.

 

ゼミ紹介(準備中)

 しばらくお待ちください。
 

講座紹介へ戻る


ページトップ