母性看護学

ページメニュー

お知らせ

 

講座紹介

母性看護学では、母性とは何か、母性及び母性看護学の基本的概念や、倫理的課題にアプローチする方法、看護実践の基盤となる理論とウィメンズヘルスなど、ライフサイクルにおける女性の健康課題について焦点を当てる。これらによって、母性看護の意義と役割、及び社会の変化に応じた母性看護の在り方について思考する能力を養うことを目指す。また、マタニティサイクルにある妊産褥婦と胎児、および新生児の健康状態を身体的・心理的・社会的側面から総合的にアセスメントし、家族機能・家族役割の変化と必要な看護援助について、理解を深める。本講座では、これら母性看護学に関わる様々な課題に対する教育研究を行う。

教員紹介

教 授 松井 弘美 (MATSUI, Hiromi)
 
准教授 工藤 里香 (KUDO, Rika)
 
講 師 小林 絵里子 (KOBAYASHI, Eriko)
 
講 師 村田 美代子 (MURATA, Miyoko)
 
助 教 岡田 麻代 (OKADA, Asayo)
 
助 教 北島 友香 (KITAJIMA, Yuka)
 
助 教 三加 るり子 (SANGA, Ruriko)
 
助 教 西村 香織 (NISHIMURA, Kaori)
 

講座紹介へ戻る


ページトップ