ホーム

ホーム>唐論

唐論

唐論(2019.04)
2019年4月26日(金)

富山大学の教員と学生さんが,本研究会での勉強会に参加されました.

学科教員への予算配分の仕事.

今日の講義の内容は,前提感覚と嗅覚.

修士2年生の国際会議の原稿のチェックを連休中にしようと思う.木下先生の方でも一件準備してくださるようです.よろしくお願いいたします.

学生さんから週間報告書を受け取り,説明していただいた.バーチャルリアリティ関連,生体情報計測関連,看工連携研究など.全部面白いテーマです.

主任業務が全く終わらない.一部,各教員に仕事を振りながらですが,前向きにやります.私が苦労した分だけ,学科の教員が楽をできるということなので,やりがいがあるというものです.

明日から10連休か.何日か大学に来て,教員居室の掃除をしたい.


2019年4月25日(木)

朝から面白いニュースに出会う.ECoGによる発話時の脳情報の計測とその解読.脳内に埋め込む機器が必要となるが,脳情報から音声を再構築できたとの研究成果.面白い研究ですが,一般の脳波では難しいかな.将来的には頭の中で文章を考えただけで,その文章をパソコンに入力できるようになるかもしれません.この研究の今後の発展を期待します.

研究協力会関連の調整.プレス発表ができればと考えており,事務局さんとも調整しております.

学科会議と教授会議で3時間.今日は長かったが,少しずつ仕事をやっつけている.

そろそろ研究内容が定まっていない学生さんのテーマを決める必要があります.

明日は,富山大学から共同研究者がいらっしゃいます.修士学生が,自身が持つ技術をレクチャーすることになっています.是非,自分自身の業績になればいいですね.


2019年4月24日(水)

久しぶりに,唐論を更新します.どうぞよろしくお願いいたします.

下山学長と打ち合わせ.この件についてはまたお知らせできる段階になれば,ご報告します.

国内学会の実行委員長のご依頼あり.ありがとうございます.そろそろ,学外のお仕事を増やしていく必要があると思っています.

昨日,4年生が脳波計測をして,その解析をしてくれている.少しだけ議論.新しい計測にチャレンジしています.

学内競争的資金の申請書の執筆.

学科教員の予算配分の計算.