富山県立大学は動いている
資料請求

富山県立大学 工学科紹介

基礎学力、幅広い視野、コミュニケーション能力を重視。
「環境調和型ものづくり」に対応した機械技術者を育成します。

機械システム工学科の取り組み

 基礎学力とコミュニケーション能力を有する機械技術者を、体系的な教育課程に沿って育成します。日本・富山の強みである、省エネ技術、高信頼性技術、環境調和技術、素材技術をさらに伸ばす研究ができます。卒業の暁には、環境調和型ものづくりに貢献できる技術者として期待が集まります。

■講座紹介

熱流体工学講座

 エネルギーの輸送・変換・利用技術と密接に結びつく、熱の移動や様々な流動現象、熱物性などに関する教育研究を行っています。

サーモグラフィで撮影したプリント配線基板上の温度分布

固体力学講座

 電子機器、自動車、産業機械、生体などの信頼性や品質の向上に必要な固体材料の強度や変形について、実験と数値シミュレーションの両面から検討を行い、ものづくりに必要な技術を研究します。

耐摩耗性試験を行った金型材料面の3D形状評価


設計生産工学講座

 機械の挙動を考慮した機能設計、製品のライフサイクル設計、製品及び形状モデリングについて研究します。

簡易自転車モデル各部品の影響領域に及ぼす環境負荷の割合

材料設計加工学講座

 材料(高分子、金属、複合材料)の基礎的性質の理解からその高性能化まで総合的に研究を行います。

熱可塑性高分子とセルロースのナノファイバー(微細繊維)を混ぜ合わせて、複合材料の原料となるペレットを作製します。ペレットから射出成形により板材などの形にします。

機械工学・電子工学・情報工学の幅広い工学分野の知識と技術を組み合わせて、
賢いロボットの設計や開発ができる多才な人材の育成を目指しています。

知能ロボット工学科の取り組み

 本学科では、機械工学・電子工学・情報工学の幅広い工学分野の知識と技術を組み合わせて、次世代ロボットを支える賢いシステムの設計や開発の出来る多才な人材の育成を学習・教育の目標としています。また、看護学部の新設を視野に入れ、医療福祉に係るロボットの研究に注力すると共に、これまで通り介護や障害者支援などに関するロボットや人工知能、およびその周辺技術の研究を進めていきます。

■講座紹介

機能ロボティクス講座

 メカトロニクス技術を基盤とした柔軟で高機能な知能ロボットや医療福祉ロボット、生活支援ロボット、災害救助ロボットなどの研究を行います。

知的インタフェース工学講座

 視覚や聴覚など人の柔軟な情報処理特性の計測と解析技術、人と同じような柔軟な情報処理ができる賢いヒューマンインタフェース技術などの研究を行います。

偽造を防ぐ虹彩個人認証


知的センシング工学講座

 ロボットを活用したものづくり・生産加工や先端医療・福祉応用に貢献する知的な計測技術の研究を行います。

マイクロ・ナノメートル領域での加工と計測、
そして、先端医療応用の研究を行います。

機能デバイス工学講座

 ナノテクノロジーや量子力学的な構造制御により、新規電子材料の創成を行い、ロボットに適用するセンサやアクチュエータを含む機能デバイスの研究を行います。

電子線加工した薄膜ドットと水熱合成した板状結晶

「豊かな情報化社会を実現する未来」を目指して、電子工学、情報工学の基礎知識から専門知識
まで身につけ、さまざまな社会の変化に柔軟に対応できる高度な専門技術者および研究者を育成します。

電子・情報工学科の取り組み

 情報系のキーワードのひとつは、「便利」です。工学ですから、世の中にある問題を解決していこう、便利にしていこうということです。問題は世の中にあるのですが、「それが当たり前だから」とか「仕方ない」と言っていては研究が始まりません。常識も鵜呑みにせず、潜在的な問題をあぶり出し、これまでの技術を応用して考え、解決方法を提案していきます。

■講座紹介

情報基盤工学講座

 身近だけれど複雑で難しい問題を解くアルゴリズムの開発、電子情報システムを効率良く運用する手法、システムの信頼性や安全性を高めるための理論と手法の構築等、数理の力を用いて情報技術の本質を進歩させる研究を行います。

分散したデータを収集する手法の研究

情報システム工学講座

 機械学習をはじめとする高度情報処理技術により、多数のセンサや機器・端末から得られる膨大な情報を処理し、ヒト・モノおよび周辺環境に関する情報を解析します。情報システムにつながる人々の生活支援技術など、人間の役に立つ情報技術について研究開発を行います。

高次脳機能障がい患者用自動車運転適性評価システムによる実験の様子


集積機能デバイス工学講座

 高度な電子情報技術に不可欠な、高機能で高性能な電子部品(デバイス)の開発を目指します。特に、集積回路などの半導体、様々な物理・化学的な計測のためのセンサ、効率良くエネルギーを変換し利用するパワーエレクトロニクスの研究を行います。

試作したLSIマイクロチップの測定・評価の様子

電子通信システム工学講座

 安全安心で快適なネットワークシステムを実現するため、ブロードバンドネットワーク、無線ネットワークなどを構成する無線応用技術、システム制御技術、信号伝送技術の基礎と応用に関する研究を行います。

S-310-44号機観測ロケット搭載電波受信機の最終動作チェック
(写真:JAXA提供)

環境工学と土木工学の専門知識を、体系的に。
提案力と実行力のあるエンジニアの育成を目指します。

環境・社会基盤工学科の取り組み

 土、水、大気、生物などの自然環境と人が生活する社会環境がかかわることで生じる環境問題を、地域レベルから地球規模まで体系的に理解します。それらの環境問題解決のために様々な角度から専門教育と研究を実践し、持続可能な社会づくりに取り組んでいます。また、化学工学を基礎としたエネルギー分野、地盤防災工学および社会基盤メンテナンス工学分野などを強化していきます。

■講座紹介

環境工学講座

 私たちの生活と健康を守り、快適な生活環境をつくるための水環境の保全に関して研究します。それに加え、地球由来の天然資源から人工資源である廃棄物までの効率的な循環利用に関する研究も行います。

災害廃棄物の発生・処理に関する研究

社会基盤工学講座

 自然生態系と調和し、自然災害に強い社会環境の創造に向けて、河川や地盤、道路、エネルギー施設など、私たちの生活に関わる社会基盤を計画・建設・メンテナンスするための施策と技術を研究します。

タイ国チャオプラヤー川における超音波ドップラー多層流向流速計
(ADCP)を用いた流速と河床形状の観測

「グリーンバイオテクノロジー」を軸に、
幅広い産業分野で活躍できる人材を育成します。

生物工学科の取り組み

 生物工学科の教員は生物工学研究センターの研究員も兼任しており、1992年のセンター開設以来、グリーンバイオの教育・研究拠点を目指して、世界レベルの研究成果を標榜してきました。その成果は着々と上がっています。特に、1学年40名の学生定員に対して21名の教員を有しており、少人数教育を徹底しています。優れた設備と教員による少人数教育、本学の中でも最もコストパフォーマンスの高い学科です。

■講座紹介

酵素化学工学講座

 環境に負担をかけない有用物質生産をめざし、酵素の工業利用を研究します。

α-アミノ-ε-カプロラクタムラセマーゼの立体構造

応用生物プロセス学講座

微生物細胞や新開発の酵素を応用し、医農薬などを高効率で生産するバイオプロセス(生産工程)の研究に取り組みます。

遺伝子工学用の新規ベクターを開発


生物有機化学講座

 微生物が生産する物質の化学的特性を探り、医農薬などへの応用に向けた新たな有機合成法を研究します。

核磁気共鳴装置

機能性食品工学講座

 食品素材や微生物など、幅広い素材が対象。健康増進などに役立つ機能性食品を研究します。

企業と共同開発した食品


微生物工学講座

 抗生物質の生産など、医農薬に応用できる自然界の有用微生物を研究します。

堆肥から分離した好熱性細菌

植物機能工学講座

 植物が有する酵素や代謝機能を解明し、有用物質生産へ応用する研究に取り組みます。

チューリップ未利用資源からの天然抗菌物質の調製


応用生物情報学講座

 生物情報学(バイオインフォマティクス)に基づく新たな視点からの微生物学を展開します。

巨大化細胞観察のための蛍光顕微鏡

医薬品の開発と製造の、両方に関与。
医農薬、食品、化学分野等で活躍できる人材の育成へ。

医薬品工学科の取り組み

 富山県の医薬品生産金額は全国トップ(平成27年)となり、「薬都とやま」と呼ばれるにふさわしい状況になりました。こうした状況の下、医薬品工学科ではものづくりの視点から、安全で良く効く医薬品の開発・製造や最先端医療技術の開発に取り組んでいます。平成29年4月に誕生したばかりの学科ですが、学生も教員もやる気満々で活気に満ち溢れています。

■講座紹介

製薬化学工学講座

 有機化学、無機化学、物理化学、材料工学などを基礎として、医薬品を効率良く製造するための化学合成、高齢者や乳幼児にも飲みやすくする、あるいは飲まずに貼るだけで治療するための製剤化など、医薬品開発に関する教育・研究に取り組みます。

薬物内包ミセル

バイオ医薬品工学講座

生化学、分子生物学、薬理学、細胞工学などを基礎とした医薬品の分子設計、抗体医薬品等のバイオ医薬品の生産やiPS細胞などを用いた再生医療技術の開発など、最新のバイオテクノロジーを駆使した教育・研究に取り組みます。

タンパク質の立体構造解析とドラッグデザイン