富山県立大学学生会館安全祈願祭が行われました

 6月22日(金)に、本学学生会館新築工事の安全祈願祭が行われました。新たな学生会館は木造2階建て、延面積約860㎡の建物で、部室や談話コーナー、ホール等を備えた施設になります。富山県産の木材を多く使用し、また、富山県内で初めて構造材にCLT材(直交集成材)を採用するモデル的な公共施設として、2019年3月に完成する予定です。
 安全祈願祭では、寺井幹男理事長が「隣接する太閤池とも調和した、学生や地域の方々に潤いと温もりのある空間を提供できる会館になると期待しています。」とあいさつをしました。