新たな校舎及び学生会館の整備について

 本学の学科拡充による学生数の増加等に対応するため、県において、新たな校舎及び学生会館(射水市黒河)の整備が進められています。

 

1 建物の概要

 新  棟  →  鉄筋コンクリート造 (9階建:高さ約42m)
 学生会館  →  木造 (2階建:県産材使用)

2 設計の特徴

 ・富山県のアルミ技術を活かしてデザインした地域のランドマークとなるシンボル的な外観
 ・学生や教員の交流を創出する、明るく開放的な「吹抜けホール」や「アカデミックモール」
 ・学生等の利便性・快適性に配慮したゾーニングと各階の諸室配置
 ・太閤池周辺の緑豊かな環境と調和し、学生にやすらぎを与える県産材を使用した「木造の学生会館」


3 供用予定 

 2020年4月

4 新校舎等のイメージ動画(CG)



 

詳しい資料はこちら
県立大学新棟等の基本設計の概要について
(平成29年2月6日富山県知事定例記者会見配布資料)