富山県立大学附属図書館

→ 富山県立大学 WEB SITE サイトマップ

利用案内

利用方法

開館時間

月曜日~金曜日 8:30~19:00 ※8:30~9:00は、貸出・返却のみ

ただし、下記期間中は8:30~17:00

  • 夏季休業期間
  • 冬季休業期間
  • 3月1日から前期授業開始前日まで

土曜日 13:00~16:00

閉館後でも入口前の学習コーナーは利用できます。

休館日

  • 日曜日及び国民の祝日
  • 開学記念日(6月1日)
  • 年末年始(12月18日~翌年1月4日)
  • 館長が特に必要と認めた日

図書館利用についての連絡事項や臨時休館日及び開館時間の変更は、その都度図書館掲示板とホームページでお知らせします。

利用上の注意

  1. 利用者カード(学生証)を必ず携帯してください。
  2. 図書館利用についての連絡事項や臨時休館日、開館時間の変更などは、図書館掲示板と学生掲示板および図書館ホームページでお知らせします。
  3. 館内での喫煙・飲食および携帯電話等での通話を禁止します。
  4. 図書館資料の無断持ち出しは、絶対にしないでください。
  5. 図書館資料や電子情報メディア、施設などを大切に扱い、損傷しないでください。
  6. 館内では職員の指示に従ってください。

図書の貸出・返却

  1. 図書の貸し出し手続き

    借りたい本があるときは、利用者カードと借りたい本を一緒に、カウンターまで提出してください。

  2. 予約

    借りたい本が貸出中であるときは、貸出を予約することができます。予約したい本があるときは、図書館利用者サービス(CARIN)からも手続きを行うことができます(学内利用者のみ)。あるいは、利用者カードを提示のうえ、カウンターまで申し出てください。

  3. 図書の貸出冊数および貸出期間
    区分 冊数 期間
    学部学生(研究生・聴講生を含む)
    大学院生(博士前期課程)
    10冊 2週間
    大学院生(博士後期課程)
    教員・職員
    10冊 1か月
    その他(学外利用者) 5冊 2週間

    但し、貸出期間を越えて引き続き貸出を希望するときは、貸出期間を1回に限り更新することができます。貸出期間を更新するときは、利用者カードを貸出期間の更新を希望する図書と一緒にカウンターまで提出してください。

  4. 貸出をしない図書

    次の図書については、貸出できません。背表紙に禁貸出ラベルが貼られています。

      禁貸出ラベル
    • 貴重図書
    • 参考図書
    • 逐次刊行物(雑誌など)
    • 製本雑誌
  5. 図書の返却

    図書を返却するときは、カウンターに借りていた図書を提出して下さい。図書館閉館後に返却する場合は、図書館入口右側にある「ブックポスト」に、ペダルを踏みながら図書を入れてください。

図書の探し方

蔵書検索

1階、2階の図書館検索用端末機で当館の蔵書を調べることができます。

また、ホームページや携帯電話(インターネット対応端末)からも検索できます。

蔵書検索ページ(OPAC)

図書の並べ方

全ての図書・製本雑誌は、日本十進分類表(NDC)に従って分類してあり、同じテーマのものが集まるようになっています。

図書の背表紙には、請求番号が書かれたラベルが貼ってあります。書架には、その番号順に、向かって左から並んでいます。

館内案内

入退館の方法

  • 入館するときは、入口のゲートを軽く手で押して入館してください。
  • 退館するときは、出口のゲートを軽く手で押して退館します。図書を無断で持ち出そうとすると、ゲートが自動的に閉鎖し、アラームが鳴ります。

その他館内施設

  • キャレル(1階)【学内利用者限定】

    キャレルは個人閲覧室です。全部で5部屋あり、キャレル5のみ4~5人で利用できるようになっています。キャレルの予約はできません。

  • 共同閲覧室(1階)【学内利用者限定】

    ゼミまたはサークルなど、グループで利用する場合に利用できます。

  • Audio Visual閲覧コーナー(2階)【学内利用者優先】

    DVD資料などプロジェクターにて映像を映し、個人でもグループでも視聴できるようになっています。学内の資料のみ、3時間まで利用できます。

※各施設利用の場合はカウンターに図書館利用カード(学生証)を提示し、申込書に必要事項を記入してください。

コピー機の利用

  1. 館内のコピー機

    図書館コピー機用のプリペイドカードが必要です。プリペイドカードは、厚生棟にある売店で販売しています。館内資料をコピーする場合は、コピー機横に設置してある複写申込書を記入してください。

  2. 図書館出口付近のコピー機

    現金でコピーできます。館内資料をコピーする場合は、カウンターで複写申込書を記入してください。

リファレンス・サービス

図書館の利用に関することでわからないこと、困ったことがあるときはカウンターにご相談ください。

※(注意)

閲覧および貸出中に図書を紛失・汚損してしまったり、機器・その他の施設を損傷したときは、弁償していただく場合があります。

富山県内図書館の資料取り寄せについて

本学附属図書館と富山県図書館協会のあいだで、相互協力に関する協定が締結されました。(平成19年7月)これにより、富山県立図書館が運行する連絡車を利用したスムーズな相互利用が可能になりました。

例えば・・・

  1. 学内者(教職員・本学学生)のメリット

    本学附属図書館から、県内公立図書館(県立・市町村立)の図書を取り寄せて借りることができます(料金は無料)。

  2. 学外者のメリット

    お住まいの近くの公立図書館(県立・市町村立)から、本学附属図書館の図書を取り寄せて借りることができます(料金は無料)。

注意事項

  • 本学の試験期間(前期:7月末~8月初め、後期:2月初め)とその1か月前の期間は相互利用による本学からの貸出は休止しますのでご了承ください。
  • 各図書館を巡回する連絡車は週1回の運行です。お急ぎの場合は郵送による取り寄せとなる場合があります(郵送の場合は郵送料が必要です)。
  • 本学附属図書館から各図書館へ複写の送付も可能です。(複写の場合は複写料金が必要です)学内者が県内各図書館資料の複写取り寄せを希望する場合は、依頼先によって複写料金が発生することがあります。

利用方法

  • 学内者の方:本学附属図書館へお申込みください。
  • 学外者の方:お近くの公立図書館(県立・市町村立)へお申込みください。