富山県立大学附属図書館

→ 富山県立大学 WEB SITE サイトマップ

利用案内

お問い合わせ・FAQ

お問い合わせ

当図書館に関するお問い合わせはこちら(富山県立大学お問い合わせフォーム)まで

FAQ

※質問をクリックすると回答が表示されます

  1. 回答:できます。貸出の際に申し出てください。簡単な本人確認をさせていただきます。なお、延滞資料がある場合は、新たな貸出や延長はできません。

  2. 回答:できません。その本を持参してください。

  3. 回答:図書館カウンターにて申し込み手続きをしてください(学内利用者のみのサービス)。県内図書館に所蔵する本を取り寄せる場合、料金はかかりません。申し込み締め切りは毎週木曜日で、到着は毎週金曜日です。富山県立図書館所蔵の本の場合、貸出中でなければ、次の金曜日には到着します。県内の市町村の図書館に所蔵する資料の場合は、長い場合2-3週間かかることがあります。到着後は、図書館から学内メールでお知らせします。

  4. 回答:貸出はできません。ただし、学内利用者に限り翌開館日の開館時間内にカウンターへ直接返却していただく、一時館外持ち出しが可能です。禁帯出シール貼付の図書も貸出はできませんが、一時館外持ち出しはできます。詳しくは、こちらをご覧ください。

  5. 回答:本学の所蔵を確認される場合は、「蔵書検索ページ(OPAC)」をご利用ください。また、館内パソコンは、OPAC画面を表示させてありますので、すぐに利用することができます。
    富山県内の図書館にあるか確認する場合は、横断検索ネットワークシステムを利用されると便利です。国内の大学図書館など研究機関にあるか確認する場合は、NIIのCiNii-Booksを利用されると便利です。その他詳細な探し方については司書にお尋ねください。探し方等のご案内をさせていただきます。

  6. 回答:カウンターに申し出てください。予約手続きをいたします。また、学内利用者であれば、図書館利用者サービス(CARIN)からも予約ができます(→詳細はこちら)。

  7. 回答:現在貸出中の図書に予約をすることができます。カウンターにてお申し込みください。また、学内利用者であれば、図書館利用者サービス(CARIN)からも予約ができます(→詳細はこちら)。

  8. 回答:図書館2階入口向かって右側のブックポストに入れてください。ただし、DVDなどの視聴覚資料、一時館外持ち出しの雑誌や禁帯出資料は破損防止のため、開館時間内にカウンターで返却手続きをしてください。

  9. 回答:返却は可能です(貸出は不可)。ただし、後日図書館には返却されていなかったなどのトラブルが予想されますので、あまりお勧めいたしません。また、そのような問題が生じた場合、図書館では貸出名義者に督促をいたします。

  10. 回答:カウンターに申し出てください。紛失届を提出していただき、原則同一資料の弁償をしていただきます。手に入らない資料の場合はご相談ください。

  11. 回答:本学の学生であれば、リクエストを申し込むことができます。リクエスト用紙に必要事項を記入し、リクエストBOXに入れてください。「用紙」はカウンター・読書マラソンコーナー・1階パソコン横に、「受付BOX」はカウンターにあります。図書のお渡しまで原則2-3週間ほどかかります。お急ぎの場合は、カウンターでご相談ください。
    図書リクエスト申込書

  12. 回答:大学図書館としてふさわしくない内容の本などは購入できません。

  13. 回答:図書館にある資料(図書・雑誌)は、所定の手続きをとれば、著作権の範囲内で複写ができます。詳しくはこちらをご覧ください。

  14. 回答:無断でコピーをとることはできません。コピーをとる場合は、著作権法により、権利者の許諾が必要になります。

    • 映画DVD

      図書館で貸出している映画DVDは、著作権処理済みですので(購入時に補償金を上乗せした代金を支払うことで権利者の許諾を得ている)、貸出については認められています。しかし、コピー(ダビング)については許諾の範囲外で認められておりません。したがって、無断でコピーをとることは違法になります。

      また、図書館の映画DVDを紛失した場合は、著作権処理済みのDVDソフトを弁償していただくことになります。大変高価になりますので、ご注意ください。

    • 雑誌・図書附録のDVD

      本学図書館では禁帯出資料として扱っています。視聴を希望される場合はカウンターに申し出て、AV閲覧コーナーをご利用ください。コピーはできません。

    • 図書附録のCD-ROM

      図書と一緒に貸出していますが、コピーはできません。

    • 雑誌附録のCD-ROM

      雑誌と一緒に持ち出し可能となっておりますが、コピーはできません。

  15. 回答:あわてず、その場で立ち止まって、図書館スタッフの指示に従ってください。原因を確かめるため、持ち物をあらためさせていただく場合があります。ブックディテクションは貸出手続きをしていない資料に反応しますが、返却期限日カードが所定位置にないことで警報が鳴る場合もあります。他にも、携帯電話・ノートパソコンなどの電子機器や、研究室所在の図書でも警報が鳴る場合があります。それらを持参し退館される場合はカウンターまで申し出てください。

  16. 回答:カウンターにある、ベルを鳴らしてください。また、諸事情で数分間席を外す場合があります。他のスタッフも不在の場合はカウンターに掲示をします。返却の場合は、カウンターに資料を置いていただき、貸出や質問がある場合は、カウンター付近でお待ちください。

  17. 回答:利用できます。ただし、1階を利用する場合は、館外エレベーターで降り、障碍者用出入口から入館していただくことになります。スタッフに申し出てください。また、図書館2階には車椅子対応のトイレもあります。

  18. 回答:閉館時間後にスタッフが見まわりを行っておりますので、声をおかけください。閉館5分前には音楽が流れますので、鳴り終わるまでに退館をお願いいたします。
    万一、閉じ込められた場合は、1階パソコンコーナー、2階カウンター内の内線電話を使って守衛室(内線:100)に連絡してください。
    もしくは、ご自分の携帯電話で大学(0766-56-7500)に電話をしてください。守衛室につながります。なお、その日の閉館時間は入口のゲート先に案内しています。

  19. 回答:閉館作業のため、スタッフは閉館後も15分程度は館内にいます。廊下側のドアから図書館事務室(B-205)をお尋ねください。あるいは、図書館出口側にインターホンがありますので、押してみてください。それ以降は、守衛室に荷物を預けますので、そちらをお尋ねください。

  20. 回答:図書館でお預かりしている場合があります。カウンターにお尋ねください。財布や携帯電話が届けられた場合は、速やかに所有者を特定してご連絡しています。貴重品以外は、概ね半年ほどは図書館で保管します。その後は事務局にお渡ししています。図書館にない場合でも、事務局の教務学生係に届けられている場合がありますので、そちらもお尋ねください。

  21. 回答:カウンターにてお預かりいたします。なお、現金については、所有者を特定できないため、原則お預かりできません。届出があった場合は、義援金として寄付いたします。

  22. 回答:カウンターにて手続きをしてください。AV閲覧コーナー、キャレル(個人閲覧室)、共同閲覧室の利用申し込みができます。AV閲覧コーナーは、学内資料のみ3時間まで利用できます。学外者も利用できますが、学内利用者が優先されます。
    キャレル(個人閲覧室)は、原則学生のみ使用できます。ただし前もっての予約はできません。共同閲覧室は、学内利用者に限り使用できます。また予約も可能です。

  23. 回答:館内では、2階設置の4台のパソコンで使用できます。ただし、「i-フィルター」というコンテンツフィルタリングソフトが入っており、全てのコンテンツが閲覧できるわけではありません。また、計算機センター承認のノートパソコンなどを持ち込めば、無線LANにて使用することもできます。ただし、電波が弱くて使用できない場所もあります。ご了承ください。

  24. 回答:うちわ、ブランケット、文具を貸し出しています。詳しくは下記をご参照ください。また、貸出ではありませんが、カウンター前に当日分の新聞折り込みチラシを置いています。大学周辺のスーパーのチラシのほか、割引クーポン付きのチラシなど手に入る場合があります。どうぞご利用ください。

    • うちわ、ブランケット

      その時々の気候を見ながら、図書館入口ゲート付近に置いています。手続きは不要ですが、退館時に所定の場所に戻しておいてください。

    • 文具

      カウンターに、ホチキス、のり、修正テープ、鉛筆、消しゴム、油性マジック、定規、穴あけパンチ、はさみを用意しています(通年)。手続きは不要ですが、使用後はすみやかに返却してください。ほかにも必要なものがありましたら、カウンターのスタッフに申し出てください。

  25. 回答:禁止です。食事については、図書館前の学習コーナーをご利用ください。

  26. 回答:カウンターに申し出てください。こちらから県立大学生協へ連絡いたします。
    なお、コピー代金を図書館でお預かりすることはできません。直接県立大学生協職員とご相談ください。