谷田 博司

  更新年月日 201741 

教養教育ホームページ:教員紹介もどる 

 

●ニュース・イベント等

 2017/04/01 ホームページを開設しました。

 

●研究について

 専門分野

  物性物理

 所属学会

  日本物理学会

 研究テーマ

強相関電子系の研究を行っています。試料作製にはじまり、磁化,電気抵抗,比熱などの

基本的な物理量を測定します。必要に応じて、圧力下での物性測定や装置開発も行います。

対象は主に希土類金属間化合物ですが、遷移金属や酸化物など含め、新しいことにも

チャレンジしようと思っています。主なテーマは以下のとおりです。

・近藤半導体の異常な磁気秩序

・軌道自由度を有す持つ希土類化合物の多極子秩序と強相関電子状態

・結晶のカイラリティと磁性

 

研究成果

“Possible Low-Temperature Strongly Correlated Electron Behavior from Multipole Fluctuations in PrMg3 with Cubic Non-Kramers Γ3 Doublet Ground State”

J. Phys. Soc. Jpn. (2006).

Possible Long-Range Order with Singlet Ground State in CeRu2Al10

J. Phys. Soc. Jpn. (2010).

“Angle-resolved 27Al NMR study on CeRu2Al10 single crystal: Evidence of internal magnetic field and unusual spin orientation in the field-induced ordered phase”

Phys. Rev. B (2011).

“Drastic changes in electronic properties of Kondo semiconductor CeRu2Al10 induced by Rh doping: Anisotropic transport properties in the antiferromagnetic ordered state”

Phys. Rev. B (2016).

 

●教育について

担当科目

 物理学III,数学物理学演習,物理実験,教養ゼミ

 

●その他

 広島大学 客員教員

 日本物理学会 領域8運営委員(H27.4H28.3

 日本物理学会 第7374期代議員

 

●リンク

 富山県立大学ホームページ

 教養教育ホームページ 

 研究室ガイドブック