最近の主な研究成果・発表

 

論文等

H. Shinmori, F. Kodaira, S. Matsugo, S. Kawabata, and A. Osuka

Photosensitizing Properties of Diazaporphyrin Derivatives for Singlet Oxygen Generation

Chemistry Letters, 34, 322-323 (2005).

M. Kawasaki, N. Toyooka, Y. Matsui, A. Tanaka, M. Goto, H. Kakuda, S. Kawabata, and T. Kometani

Asymmetric Synthesis of Homoisoflavanone Using Lipase-catalyzed Reaction

Heterocycles, 65, 761-766 (2005).

M. Kawasaki, Y. Hayashi, H. Kakuda, N. Toyooka, A. Tanaka, M. Goto, S. Kawabata, T. Kometani

Asymmetric Synthesis of 5,6-Dehydrosenedigitalene Using Lipase-catalyzed Highly Enantioselective Transesterification of a Primary Alcohol with Vinyl 3-(4-Trifluoromethylphenyl)propanoate

Tetrahedron: Asymmetry, 16, 4065-4072 (2005).

M. Ikai, F. Ishikawa, N. Aratani, A. Osuka, S. Kawabata, T. Kajioka, H. Takeuchi, H. Fujikawa, Y. Taga

Enhancement of External Quantum Efficiency of Red Phosphorescent Organic Light-Emitting Devices with Facially Encumbered and Bulky Pt(II) Porphyrins

Advanced Functional Materials, 16, 515-519 (2006).

S. Kawabata and A. Osuka

Synthesis and Characterization of meso- and b-aryl-5,15-Diazaporphyrins

Journal of Porphyrins and Phthalocyanines, 10, 705 (2006).

 少し空白 Work hard !!

 

講演発表等

・川端繁樹・大須賀篤弘

アリール基を周辺に有するジアザポルフィリン類の合成と物性

日本化学会第86春季年会、2006.3.29 (船橋)

S. Kawabata, and A. Osuka

Synthesis and Characterization of meso- and beta-aryl-5,15-Diazaporphyrins

4th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines (ICPP-4) 2006. 7. 6. (Rome, Italia)

・川端繁樹

アリール型ジアザポルフリンの合成と物性に関する研究

富山県立大学スタートアップ研究成果報告会2007 2007.6.11  (射水)

S. Kawabata

Synthesis and Photochemical Properties of Aryl-substituted 5,15-Diazaporphyrins

22nd IUPAC Symposium on Photochemistry 2008 2008.7.31.  (Göteborg, Sweden)

・川端繁樹

芳香族環で種々の位置を置換した5,15-ジアザポルフィリンの合成と物性

19回基礎有機化学討論会 2008.10.5 (吹田)

・川端繁樹

アリール型ジアザポルフィリン金属錯体の合成と物性

日本化学会第89春季年会、2009.3.28 (船橋)

・川端繁樹

新規ジアザポルフィリン誘導体の合成と光線力学療法への応用

第7回北陸化学者談話会 2009.8.22 (福井)

・川端繁樹

アリール型ジアザポルフィリン金属錯体の合成と物性

山梨大学工学部学術研究会講演会、2009.9.7 (甲府)

・川端繁樹

芳香族置換ジアザポルフィリン金属錯体の合成と物性

日本化学会第90春季年会、2010.3.27 (東大阪)

・坂村芳孝、鈴木孝典、川端繁樹

光学的圧力センサ用ポルフィリン電解重合膜の作製

42回流体力学講演会 2010.6.24-25 (米子)

Shigeki Kawabata and Hideyuki Shinmori

Synthesis And Photosensitizing Properties of aryl-substituted 5,15-Diazaporphyrin Derivatives

23rd IUPAC Symposium on Photochemistry 2010   2010.7.13.  (Ferrara, Italy)

・川端繁樹

ジアザポルフィリンの合成と一重項酸素の発生能

第8回北陸化学者談話会 2010.8.27 (加賀)

・小林和樹、川端繁樹、新森英之

活性酸素種を産生するジアザポルフィリン系光増感剤の開発

やまなし産学官連携交流事業 2010.9.3 (甲府)

・坂村芳孝、川端繁樹

電解重合法による感圧発光高分子膜センサの作製

とやま産学官金交流会2010 2010.12.7 (富山)

・小林和樹、川端繁樹、新森英之

光線力学療法を目指したジアザポルフィリン系光増感剤の開発

日本化学会第91春季年会、2010.3.26 (横浜)   <東日本大震災のため会議は中止>