戦略的創造研究推進事業(さきがけ)

工学部生物工学科の鎌倉昌樹(かまくら まさき)講師の提案課題「女王蜂における寿命制御機構の解明」が(独)科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業(さきがけ)に採択されました。

戦略的創造研究推進事業(さきがけ)は、科学技術政策や社会的・経済的ニーズを踏まえ、国が定めた社会的インパクトの大きい戦略目標の達成に向けた、独創的・挑戦的かつ国際的に高水準の発展が見込まれる基礎研究を推進するものです。

研究の概要

左へスライドさせて御覧ください。

研究領域 生体における動的恒常性維持・変容機構の解明と制御
研究課題名 女王蜂における寿命制御機構の解明
研究期間 平成25年10月~平成29年3月


今回採択された研究提案は、女王蜂の寿命制御に関与する因子を探索し、この因子が寿命に及ぼす影響を解析することにより女王蜂の寿命制御機構を解明するものです。女王蜂と働き蜂は20倍以上の寿命差があり、両者の比較によって寿命の制御機構の違いを明確に解析することが期待できます。これにより、健康長寿に貢献できる老化抑制剤の開発やアンチエイジングシステムの構築への貢献が期待できます。
KamakuraIMG_2466IMG_2467