工学部学習・教育目標

<工学部>

機械システム工学科
(A) 確かな基礎学力を有する人材の育成
1. 機械システム工学で用いられる理論式・実験式の基礎となる数学・物理を学習し、数学公式および物理法則を理解できること。
2. コンピュータリテラシーを学習し、情報収集、情報処理、プログラミングができること。
3. 製図法を学習し、平面図、立体図の読取、機械部品の表現ができること。
4. 物理実験、化学実験を通じ、基礎実験手法を学習し、誤差を理解し、実験結果をまとめられること。
5. 技術者倫理に関する規程(例えば日本機械学会倫理規定)を理解し、倫理的・専門的責任を自覚できること。
(B) 循環型社会の構築に貢献する機械技術者の育成
1. 機械エネルギーに関する理論を学び、演習を通じて着実に理解し、熱流体機械に応用できること。
2. 設計に関する理論を学び、演習を通じて着実に理解し、強度、環境、生産を考慮した機械の設計ができること。
3. 材料、加工に関する理論を学び、演習を通じて着実に理解し、材料や加工法を機械に応用できること。
4. 機械の設計や製作にあたって、環境を考慮した評価が行えること。
5. 実験・解析を行える能力を身につけ、結果の解釈およびモデル化、研究計画の立案と実施が行えること。
(C) 幅広い視野と豊かなコミュニケーション能力を有する人材の育成
1. 人間・文化・社会・環境について理解を深め、地球的視点から多面的に物事を考えられること。
2. 日本語による発表と討論ができ、英語による要旨説明ができること。
3. 地域社会との繋がりを理解し、機械システム工学を通じて、地域に貢献しようと意識できること。

知能デザイン工学科
(A) 人間性豊かな創造力と実践力を兼ね備えた人材の育成
1. 人間・文化・社会・環境についての理解を深めることにより専門分野への学習意欲を高め、創造力と実践力を身につけること。
2. 少人数教育の拡充をはかり、個々の学生に着目した教育を徹底すること。
3. 自主的・主体的に学習を行う能力とともに、地球的視点から多面的に物事を考えられること。
(B) 知能デザイン工学分野における基礎的学力を有する人材の育成
1. 数学、物理学などの自然科学および情報技術に対する専門基礎知識を習得すること。
2. 専門基礎知識を演習や実験を通して専門技術分野に応用できる能力を身につけること。
(C) 知能デザイン工学分野における幅広い知識と専門的学力を有する技術者の育成
1. 電子工学、機械工学および情報工学の幅広い専門知識と高度な専門技術を主体的に習得すること。
2. 専門知識及び専門技術を応用して、専門分野における諸問題の解決に応用できる創造および実践的能力を身につけること。
(D) 高いコミュニケーション力、表現力を有する人材の育成
1. 物事を論理的に考え、まとめ、記述し、口頭発表や討議などを行うコミュニケーション能力を身につけること。
2. 外国文化を理解し、国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を養うこと。
(E) 技術者倫理を理解し、責任感を持って総合的な問題解決能力を有する人材の育成
1. 工学技術が人間社会や自然環境に及ぼす影響を理解する能力を身につけること。
2. 技術者として必要な倫理規範や責任の重さを判断することが出来る能力を身につけること。
3. 人間・社会・環境に対する要求に対して、自然科学や専門領域における種々の技術、情報を総合して、解決策をグローバルな視点から構想、設計、実行、評価し、多面的に考える総合的問題解決能力を身につけること。

電子・情報工学科
(A) 社会人として広い視野を有し、高度情報社会における技術者の役割と社会的責務と重要性を理解する技術者の育成
1. 人間・文化・社会・環境についての今日的課題を理解し、さまざまな角度からものを見て自由に主体的に考えることができるようになること。
2. 異なる文化や考え方を理解し、それによって技術者の社会的責務を理解する能力を養うこと。
3. 技術者として仕事をするときミスや事故が起こり得ることを理解するとともに、それらが社会におよぼす損害を可能な限り減らす方法を考えることができるようになること。
4. 技術の進歩のプラスの面 (例えば便利さの向上)とマイナスの面 (例えば自然を破壊する恐れ)の両面を考えることができるようになること。
(B) 電子・情報工学の基礎となる物理学、数学など自然科学の基本法則を理解した技術者の育成
1. 微分積分・線形代数・確率論などの数学と力学・電磁気学などの物理学を主体に電子・情報・通信の基盤となる自然科学の知識を習得すること。
2. 物理実験・化学実験を行うことにより、実際の現象を通して知識の理解を深めるとともに、報告書の書き方などを学ぶこと。
(C) 電子・情報工学分野の幅広い知識と専門知識を有し、この分野で指導的な職責を果たせる技術者の育成
1. 電子・情報システムの中で利用される様々な電気現象を正しく理解できること。
2. コンピュータがさまざまな情報を表現し、処理する基礎原理を講義とプログラミングの演習を通して体得すること。
3. 電子部品、電気・電子回路、情報処理、情報通信の基礎となる知識を習得すること。
4. 演習を通じて実践的能力と継続して学習する能力を身に付けること。
5. 電子部品、電気・電子回路、情報通信、情報の収集と処理、計算機プログラミングについて実験・演習を行い、それらの動作原理や実験手法を体得すること。
(D) 論理的思考能力を高め、問題解決や研究課題の遂行を合理的に推進できる技術者の育成
1. 各種の文献、資料、インターネットなどを効果的に活用して、必要な知識・情報を得る能力を養うことや教員、大学院生、ほかの学生などの協力を得て、必要な知識・技術を身に付けること。
2. 期日、利用可能な機器・資材、自分自身の能力など課題遂行の制約になる条件を把握できることや、その制約条件の下で、課題を解決するための計画を作り、それを実行できる能力を養うこと。
3. 電子・情報工学のある専門的内容について、同じ分野の技術者に的確に説明できるようになることや、そのために必要な資料が作成できること。
4. 大学で学習したこと全般をもとにして、卒業研究で行ったことを首尾一貫した卒業論文としてまとめること。
(E) コミュニケ―ション能力を磨き、社会および地域から要請される問題を自主的・合理的に処理できる技術者の育成
1. 専門および一般的なテーマについて他人と意見の交換ができ、他人の考えを理解することや、自分の考えを理解してもらうことの両方がバランス良くできるようになること。
2. 外国語を学び、国際的なコミュニケーション能力の基礎を身につけること。
3. 社会および地域において情報システムに要求される課題を理解することや、一つ以上の課題に取り組み、解決策を構想・設計できるようになること。

環境・社会基盤工学科
(A) 広い視野と高い倫理観を身につけた、教養豊かな技術者の育成
1. 人間・文化・社会について、地域だけでなく、広く地球的視点からも理解を深め、多面的に物事を捉え、考えることができること。
2. 技術と自然、社会との関わりを理解し、技術者の倫理的責任について理解を深めること。
3. 人間を取り巻く種々の環境要因について、それらの複雑な関連性を理解すること。
(B) 環境・社会基盤工学に必要な基礎学力を身につけた技術者の育成
1. 数学、物理学、化学、生物学に関した基礎的学力を身につけること。
2. 土、水、大気、生物などの自然環境要素の基本的な性質に関して理解を深めること。
3. 土木工学に関する基礎的学力を身につけること。
(C) 地域と地球の環境保全、社会基盤の整備、循環型社会の構築に貢献できる技術者の育成
1. 水・大気・土壌環境と、水循環及び生態系について理解を深め、環境の調査、解析・評価、管理、修復に応用できること。
2. 水利用と水処理、再利用等に関する知識・技術を修得し、水資源の活用、水環境の保全・修復に応用できること。
3. 地域計画や河川流域保全に関する知識・技術を修得し、自然との共生など環境に配慮した社会基盤整備に応用できること。
4. 地盤防災や社会基盤メンテナンスに関する知識・技術を修得し、安心・安全な地域づくりに向けた社会基盤整備に応用できること。
5. 物やエネルギーの流れを理解し、廃棄物の発生抑制・処理、再資源化についての知識・技術を修得して、循環型社会構築の課題解決に応用できること。
6. 環境政策、環境マネジメント及び環境リスクなどに関する知識・技術を修得し、持続可能な社会づくりに応用できること。
7. 卒業研究などを通じて、自主的・継続的に学習する能力を養い、与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力を養うこと。
(D) 論理的な思考力と豊かなコミュニケーション能力を身につけた技術者の育成
1. 物事を論理的に考え、文書の作成ができ、さらに、口頭による説明や討議ができること。
2. 外国語を学び、国際的に通用するコミュニケーション能力の基礎を身につけること。

生物工学科
(A) 広い視野を有し、高い倫理観を持った人間性豊かな技術者の育成
1. 社会、文化、自然、環境に関連した幅広い教養と、技術者としての高い倫理観を身につけ、生涯にわたりキャリアを形成していく力を育むこと。
2. 新技術に対して自発的に興味を持ち、積極的に学習できる能力を身につけるとともに、それらが社会および環境に対して及ぼす影響を理解することができること。
(B) 生物工学分野の幅広い知識と高度な技術を持った技術者の育成
1. 有機化学、生化学、微生物学及び分子生物学を基盤とする生物工学と生命科学の基礎知識を習得すること。
2. 卒業研究等を通して、問題の発見、解決法の計画と実践、結果の解析、発表を行う能力を養うこと。
3. 遺伝子組換え農作物、遺伝子改変生物などの作成を可能とする21世紀のバイオテクノロジーに対応できる高度な専門性を習得すること。
4. 国際的に通用するレベルの研究に参画することにより,最先端の高度な専門知識と技術を駆使する研究開発法や論理的思考法を学ぶこと。
5. 好奇心旺盛で明快な問題意識を持ち,創造的研究開発に積極的に取り組むことができること。
(C) 地域社会の振興発展に貢献する、実践的行動力に満ちた技術者の育成
1. 地域の特性を把握し、技術的問題点などの課題を理解できること。
2. 地域が抱える技術的課題の解決を通して、地域の産業経済の発展に寄与すること。
(D) 創造的研究を立案し推進する能力、および高いコミュニケーション能力を持った国際的技術者の育成
1. 日本語でのコミュニケーション(読む、書く、聞く、話す)能力を深化し、研究テーマの企画立案、遂行にあたり、説明責任を果たすことができること。
2. 英語での情報収集、活用、発信ができること。
3. 教養科目、生物工学専門基礎科目、生物工学専門科目、演習科目を通して英語能力、プレゼンテーション能力を強化し、外国文化を理解し、国際感覚を養うこと。

医薬品工学科
(A) 広い視野を有し、きわめて高い倫理観を持った人間性豊かな技術者の育成
1. 社会、文化、自然、環境に関連した幅広い教養と、技術者としての高い倫理観を身につけ、生涯にわたりキャリアを形成していく力を育むこと。
2. 様々な事柄に興味を持ち、自発的に学習できる能力を身につけるとともに、それらが社会や環境に対して及ぼす影響を理解することができること。
(B) 医薬品の製造に関する幅広い知識と高度な技術を持った技術者の育成
1. 物理化学、無機化学、有機化学、材料化学、生化学、微生物学、薬理学、細胞工学、製剤学等の基礎知識を習得すること。
2. 卒業研究等を通して、問題の発見、解決法の計画と実践、結果の解析、発表を行う能力を養うこと。
3. 医薬品の研究・開発・製造に携わる基礎的な学力を身に付け、将来、医農薬、食品、化学関連分野で活躍できる創造力と実践力を兼ね備えた高度な専門性を習得すること。
4. 国際的に通用するレベルの研究に参画することにより,高度な専門知識と技術を駆使する研究開発法や論理的思考法を学ぶこと。
(C) 地域社会の振興発展に貢献する、実践的行動力に満ちた研究者の育成
1. 地域の特性を把握し、技術的問題点などの課題を理解できること。
2. 地域産業の新技術創出や製品開発を行うなど、産業経済の発展に寄与すること。
(D) 創造的研究を立案し推進する能力及び高いコミュニケーション能力を持った国際的技術者の育成
1. 日本語でのコミュニケーション(読む、書く、聞く、話す)能力を深化させ、研究テーマの企画・立案や遂行にあたり、論理的な説明ができること。
2. 専門的なテーマについても他人と意見の交換ができ、他人の考えを理解することや、自分の考えを理解してもらうことがバランス良くできること。
3. 英語での情報収集、活用、発信ができること。
4. 教養科目、医薬品工学専門基礎科目、医薬品工学専門科目、演習科目を通して英語能力、プレゼンテーション能力を強化し、外国文化を理解し、国際感覚を養うこと。