生物工学専攻

写真 グリーンバイオテクノロジー分野における、
先端的・革新的な研究開発を通して、
次代を担う専門能力を身につけ、
環境調和型社会の実現に取り組む意欲を持つ人。

生物工学専攻の概要

本専攻では、「生命現象を分子レベルで解析し、それを確実に応用へと繋げる」能力の養成を目標に教育・研究を行っている。具体的には、微生物・植物バイオによるファインケミカル・基礎化学品・バイオ医農薬などの有用物質生産、ゲノム情報利用技術の開発や、幅広い生物素材を用いた健康維持増進のための機能性食品の開発や、医薬品及び製剤技術の開発などを行っている。このため、省エネルギーで環境にやさしいバイオプロセスやバイオプロダクト開発を志向した、グリーンバイオテクノロジー分野における先端的・革新的な技術開発を行う世界水準の研究拠点形成を目指した活動を通して、次代を担う専門的能力を身に付けた研究者の育成を目標にしている。従って、応用微生物学・分子生物学を中心とする応用微生物系、植物・機能性食品系、有機化学系、生物情報系、医薬品工学系に特色を持った教育・研究カリキュラムを定め、特に、実験と技術英語を重要視した少人数教育による大学院教育を行う。

各部門の概要

(1)酵素化学工学部門

酵素等の生体触媒を新規に開発し、それらを環境負担のない、工業的な有用物質合成等に利用するための基礎研究を行う。

(2)応用生物プロセス学部門

生体反応の素子である酵素、微生物細胞等を触媒とするバイオプロセスは今後の化学工業にとって重要な技術分野である。さらに化学的な方法や遺伝子組換え技術等を用いて触媒を改良し、より効率的な物質生産プロセスを目指す。

(3)微生物工学部門

天然生理活性物質はバイオサイエンスの発展と新規医農薬品の開発において中心的な役割を果たす。自然界から新規微生物を探し出し、それが生産する生理活性物質の構造と活性を解明し、医農薬等への応用を目指す。

(4)生物有機化学部門

生化学反応と有機化学反応の融合は、新機能性分子の創成とその生産技術の開発に革新的な寄与をする。多様な生体機能物質の構造と生理機能発現の解析には、新しい分析技術、有機化学理論の深い理解が必要である。

(5)植物機能工学部門

私たちの社会生活や地球環境に密接に関連している植物を遺伝子資源として位置付け、これらの増殖・利用を促進するための植物組織培養・分子育種技術の確立を行うとともに、植物特有の代謝機能を積極的に活用した有用物質生産を目指す。

(6)機能性食品工学部門

21世紀の超高齢化社会において、健康の維持・増進に繋がる機能性食品の開発はきわめて重要な研究課題である。実験動物や培養細胞を用いて、最新の遺伝子工学技術を駆使することにより、食品成分の生理作用メカニズムを解明する。

(7)応用生物情報学部門

膨大なゲノム関連データをコンピューターを用いて管理し、遺伝子発現、蛋白質の立体構造、代謝経路・制御機能等の生物情報のデーターベースや解析法を有用物質の生産に応用する研究を行う。

(8)製薬化学工学部門

医薬品の化学合成、製剤化や新規薬物送達システム(ドラッグデリバリーシステム)の開発など、医薬品の製造・品質管理に関する研究を行う。

(9)バイオ医薬品工学部門

抗体医薬品・核酸医薬品等のバイオ医薬品の製造やiPS細胞などを用いた再生医療技術の開発などの研究を行う。

banner_kikai