情報システム工学専攻

写真 幅広い情報メディアの構築技術、
情報通信システムの高信頼化に関する技術を理解し、
社会の変化に柔軟に対応できる
創造力豊かな専門技術者・研究者を養成します。

情報システム工学専攻の概要

私たちを取り巻く環境は、コンピュータによる情報処理技術やネットワーク技術を活用した高度な情報システムの普及によって、日ごとに複雑化、多様化、高度化し、急激に変化している。また、一方では誰でも情報化の恩恵を享受出来る事が求められている。こうした社会や時代の要請に応えて行くために、高度な人間支援システムを構築する情報技術の研究・開発や、その応用を推進して行く事ができる広い視野と広範な専門的応用力を有し、柔軟な発想の出来る人材を育成していく。

各部門の概要

(1)情報メディア工学部門

本部門では、高度情報化社会において必要となる要素技術並びにシステム、サービスなどを実現するシステム化技術の教育・研究を行う。そのため、人間に優しい情報システムの実現を目差したマルチメディア処理技術の研究や、インターネットのような大規模化する分散システムの制御技術、設計技術などの分野の研究を行う。また、大容量の情報を高速に処理をすることが必要となるゲノム情報の解析などのバイオインフォマティクスへの応用研究、さらにはコンピュータやネットワークの基礎理論となる計算機アルゴリズムの研究を行う。

(2)通信ネットワーク工学部門

本部門では、ブロードバンド・高速通信網、ユビキタス通信環境の実現を目指して、通信ネットワークの構築及びその高度利用技術に関わるハードウェアとソフトウェアに関する教育と研究を行う。このために、情報機器の高度化に不可欠な半導体デバイス・集積回路の高機能化・高密度化に関する技術開発や効率的な光情報通信ネットワークの構築法や光要素技術の開発などの研究を行う。また、ユビキタス環境の実現に必要な微弱電磁界による情報通信、電子タグなどの近接情報メディア、携帯電話をはじめとするモバイル通信方式の開発、宇宙通信環境調査などを行う。

(3)ソフトウェア工学部門

本部門では、ソフトウェア開発技法と情報システムの構築と高度な利用に関する教育と研究を行う。安心して使えるユビキタス環境の基礎として、高性能・高信頼な基幹ソフトウェア、大容量情報のデータベース化技術とセキュリティ技術、人とコンピュータを滑らかにつなぐための人間・コンピュータ協調技術などに関する教育と研究を行う。また、インターネットを利用した情報システムの応用として、ユーザーフレンドリーな教育支援システム、電子図書館などの高度な情報蓄積技術・利用システム、3Dコンピュータグラフィックスによるバーチャルリアリティなどに関する教育と研究を行う。