知能デザイン工学専攻

写真 機械工学・電子工学・情報工学にまたがる先端技術を複合した革新的な技術を開発し、高齢化が進む現代社会において、持続可能な発展のために必要な賢いシステムを創りだす人材の育成をめざした教育と研究を行います。

知能デザイン工学専攻の概要

知能デザイン工学専攻は、機械工学・電子工学・情報工学のいずれかの学問領域に軸足を置きつつ、三領域にまたがる広範な知識と幅広い視野をもって賢いシステムを設計できる、多才な人材を育成することを目標としている。そのために、本専攻では軸足を置く領域の高度な専門知識を身につけるとともに周辺領域の関連知識を学び、マクロからミクロレベルまで幅広い視野で次世代のさまざまな技術を開発する能力を育む教育と研究を行っている。
具体的には、賢いロボットについて考究する知能システム工学部門、賢いヒューマン・インタフェースについて考究する知的インタフェース工学部門、マイクロ・ナノ領域の賢い計測・加工法を考究するマイクロ・ナノシステム工学部門、賢い機能デバイスについて考究する電子ナノデバイス工学部門の4部門を柱として、機械工学・電子工学・情報工学にまたがる高度な教育・研究カリキュラムを定め、大学院教育を行っている。

各部門の概要

(1)知能システム工学部門

環境から複雑な情報を取りこみ、適切なモデルに基づいてすばやく判断を下し、機構を巧みに操る賢いシステムは、次世代産業の基盤である。この分野は、メカトロニクス技術を中心として、ロボット工学や福祉工学の諸技術や生産システム技術などの先端技術領域でもある。知能システム工学部門では、この技術領域における知能化とは何かをテーマとして、従来のロボット工学という概念にとらわれない次世代ロボット、ロボットによる柔軟な生産システム、ユーザーフレンドリーな福祉機器などにかかわる高度な教育と研究を行っている。

(2)知的インタフェース工学部門

人間と同じように周囲の状況を把握したり、人間の能力を拡張したり、衰えた人間の機能を補完したりできる未来のコンピュータやロボットを実現するためには、賢いヒューマン・インタフェース技術が不可欠である。この分野における技術開発には、脳の情報処理や認知のメカニズム、高度なパターン情報処理技術、障碍者を支援する福祉技術など、広範な学際領域の知識と技術が必要である。知的インタフェース工学部門では、視覚や聴覚や脳の高次機能の解明、ブレイン・マシン・インタフェース、文字や図形や音声などのパターン認識、生体認証システムなどにかかわる高度な教育と研究を行っている。

(3)マイクロ・ナノシステム工学部門

マイクロ・ナノメートル領域という極小サイズの世界における計測技術と加工技術の確立は、工業製品をより小型化し高性能化したり、新しいバイオ計測機器を開発したりするためにきわめて重要な先端技術である。この分野における技術開発には、先端的な材料加工学や光応用計測やバイオ計測など、広範な学際領域の知識と技術が必要である。マイクロ・ナノシステム工学部門では、マイクロ・ナノメートル領域での材料の加工・計測技術とバイオ計測技術、および、これらの技術を応用したシステムなどにかかわる高度な教育と研究を行っている。

(4)電子ナノデバイス工学部門

新しいデバイスは、これまでもこれからも、さまざまなエレクトロニクス関連技術の基盤である。新しいデバイスを開発するためには、電子、原子、分子レベルで物質の性質を明らかにし、新しい材料や新しい機能を持つ物質を創製するとともに、その創製方法を考案することが不可欠である。電子ナノデバイス工学部門では、カーボン・ナノチューブ、強誘電体デバイスや圧電デバイス、電子線誘起反応を利用した微細加工技術などにかかわる高度な教育と研究を行っている。

banner_kikai