機械システム工学専攻

写真 学部からの「環境調和型ものづくり」を継承し、
環境に配慮した安全で安心な社会の構築をめざした
高度な機械工学の専門教育と研究を行います。

機械システム工学専攻の概要

学部からの「環境調和型ものづくり」を継承し、環境に配慮した安全で安心な社会の構築を目指した高度な機械工学の専門教育と研究を行う。環境調和型ものづくりを基本姿勢とした機械システム工学専攻では、学部教育の基盤の上で先端的で高度な機械工学とその周辺分野についての専門知識を身につけ、さらにライフサイクルアセスント(LCA)工学に基づく統括的な専門領域の学問を理解し、斬新な創造力と思考力を発揮できる高度な専門技術者および研究者を養成する。
この目標に向かって、基礎技術の高度化、エネルギーの変換と有効利用、エコ対応のデザインの促進、新材料の生産と加工等を中心に、(1)機械エネルギー、(2)エコデザイン、(3)エコマテリアルの3部門を軸として教育・研究を行う。この部門には、工学の基礎となる理学(数学)も含めてある。

各部門の概要

(1)機械エネルギー工学部門

環境調和のためのエネルギーの高効率変換や有効利用に深く関わる熱流体現象の基礎と応用を研究する。
熱の移動や物質の流れを伴う諸現象を、連続体として取り扱うマクロな立場からだけでなく、ミクロな立場からも研究している。実験的手法と数理科学的手法とを有機的に連携させながら研究する。代表的なテーマとして航空宇宙工学に現れる高速・高湿現象、電子機器の冷却などがある。

(2)エコデザイン工学部門

環境調和に基づく機械設計工学とその材料強度について研究する。
LCA工学に基づく設計工学では、機械工学の全分野を統括的に研究するもので、その意義は極めて大きい。ここでは、金属・非金属・複合材料などの強度特性評価、有限要素法による応力解析、LCA工学に基づく機械設計、自動車工学などについて研究する。また、計算機を駆使した高度な機械設計(CAD/CAM)や設計システムの研究を行っている。

(3)エコマテリアル工学部門

環境調和に配慮した新材料や新加工プロセスの開発、研究を行う。
金属を中心にプラスチック、セラミックス、複合材料、金属間化合物などの生産、加工、性能評価などの基礎および応用研究を行っている。
生産技術、加工法、接合法の開発をはじめ材料物性、材質改善および用途開発なども重要な課題である。