医薬品工学科

「くすりの富山」の未来を、工学という視点から

医薬品産業およびこれに関連した産業の新技術創出や製品開発を行うために必要かつ有用な人材を育成します。
 
kankyo_p01 kankyo_p02 kankyo_p03





banner_kikai

教育目標

医薬品工学科の教育理念

医薬品工学は、医薬品の開発と製造に関わる学問で、医学、薬学、化学、農学、食品などの幅広い産業分野に応用され、工学的観点から安全で優れた効能をもつ医薬品を効率良く製造することで健康、保健、医療等の今日的課題を解決していくために、発展が期待される学問分野です。
医薬品工学科は、物理化学、無機化学、有機化学、材料工学、生化学、微生物学、薬理学、細胞工学、製剤学等の学問領域を基礎としており、医薬品の研究・開発・製造に携わるための基礎的な学力を身に付け、将来、医農薬、食品、化学関連分野で活躍できる、創造力と実践力を兼ね備えた人材を工学の観点から育成することを目標にしています。
医薬品産業およびこれに関連した産業の新技術創出や製品開発を行うために必要かつ有用な人材を育成し、「くすりの富山」の伝統を生かしてオリジナリティの高い研究を推進することで、人類の健康と幸福に役立つ学科を目指します。


医薬品工学科の学習・教育目標

(A) 広い視野を有し、きわめて高い倫理観を持った人間性豊かな技術者の育成
1. 社会、文化、自然、環境に関連した幅広い教養と、技術者としての高い倫理観を身につけ、生涯にわたりキャリアを形成していく力を育むこと。
2. 様々な事柄に興味を持ち、自発的に学習できる能力を身につけるとともに、それらが社会や環境に対して及ぼす影響を理解することができること。
(B) 医薬品の製造に関する幅広い知識と高度な技術を持った技術者の育成
1. 物理化学、無機化学、有機化学、材料工学、生化学、微生物学、薬理学、細胞工学、製剤学等の基礎知識を習得すること。
2. 卒業研究等を通して、問題の発見、解決法の計画と実践、結果の解析、発表を行う能力を養うこと。
3. 医薬品の研究・開発・製造に携わる基礎的な学力を身に付け、将来、医農薬、食品、化学関連分野で活躍できる創造力と実践力を兼ね備えた高度な専門性を習得すること。
4. 国際的に通用するレベルの研究に参画することにより、高度な専門知識と技術を駆使する研究開発法や論理的思考法を学ぶこと。
(C) 地域社会の振興発展に貢献する、実践的行動力に満ちた研究者の育成
1. 地域の特性を把握し、技術的問題点などの課題を理解できること。
2. 地域産業の新技術創出や製品開発を行うなど、産業経済の発展に寄与すること。
(D) 創造的研究を立案し推進する能力及び高いコミュニケーション能力を持った国際的技術者の育成
1. 日本語でのコミュニケーション(読む、書く、聞く、話す)能力を深化させ、研究テーマの企画・立案や遂行にあたり、論理的な説明ができること。
2. 専門的なテーマについても他人と意見の交換ができ、他人の考えを理解することや、自分の考えを理解してもらうことがバランス良くできること。
3. 英語での情報収集、活用、発信ができること。
4. 教養科目、医薬品工学専門基礎科目、医薬品工学専門科目、演習科目を通して英語能力、プレゼンテーション能力を強化し、外国文化を理解し、国際感覚を養うこと。

講座のご案内

講座名 概要
製薬化学工学講座 有機化学、無機化学、物理化学、材料工学などを基礎とした医薬品の化学合成、製剤化及び品質管理に関する教育・研究に取り組み、医薬品の開発・製造に関する高度な知識と技術をもつ人材を育成します。
バイオ医薬品工学講座 生化学、分子生物学、薬理学、細胞工学などを基礎とした医薬品の分子設計、バイオ医薬品の生産及び再生医療工学に関する教育・研究に取り組み、医薬品の開発・製造に関する高度な知識と技術をもつ人材を育成します。

医薬品工学科の主なカリキュラム






教員一覧

教員については、研究者紹介のページをご覧ください。