環境・社会基盤工学科

自然環境と社会環境の相互影響によって生じる問題を発見し、
解決することで、持続可能な地球環境づくりに貢献します。


土、水、大気、生物などの自然環境と人が生活する社会環境がかかわることで生じる環境問題を、地域レベルから地球規模まで体系的に理解します。その環境問題の解決のために様々な角度から専門教育と研究を実践し、持続可能な社会づくりに取り組んでいます。

kankyo_p01 kankyo_p02 kankyo_p03





教育目標

環境・社会基盤工学科の教育理念

環境・社会基盤工学科では持続可能な発展に向けて、地域と地球の環境保全、社会基盤の整備、循環型社会の構築に貢献する科学技術の教育を行います。それにより、豊かな教養と基礎学力を身につけ、地域から地球規模の環境問題まで理解でき、広い視野にたってさまざまな環境問題の解決策を提案できる、創造力と実践力を有した人材を育成します。


環境・社会基盤工学科の学習・教育目標

(A) 広い視野と高い倫理観を身につけた、教養豊かな技術者の育成
1. 人間・文化・社会について、地域だけでなく、広く地球的視点からも理解を深め、多面的に物事を捉え、考えることができること。
2. 技術と自然、社会との関わりを理解し、技術者の倫理的責任について理解を深めること。
3. 人間を取り巻く種々の環境要因について、それらの複雑な関連性を理解すること。
(B) 環境・社会基盤工学に必要な基礎学力を身につけた技術者の育成
1. 数学、物理学、化学、生物学に関した基礎的学力を身につけること。
2. 土、水、大気、生物などの自然環境要素の基本的な性質に関して理解を深めること。
3. 土木工学に関する基礎的学力を身につけること。
(C) 地域と地球の環境保全、社会基盤の整備、循環型社会の構築に貢献できる技術者の育成
1. 水・大気・土壌環境と、水循環及び生態系について理解を深め、環境の調査、解析・評価、管理、修復に応用できること。
2. 水利用と水処理、再利用等に関する知識・技術を修得し、水資源の活用、水環境の保全・修復に応用できること。
3. 地域計画や河川流域保全に関する知識・技術を修得し、自然との共生など環境に配慮した社会基盤整備に応用できること。
4. 地盤防災や社会基盤メンテナンスに関する知識・技術を修得し、安心・安全な地域づくりに向けた社会基盤整備に応用できること。
5. 物やエネルギーの流れを理解し、廃棄物の発生抑制・処理、再資源化に関する知識・技術を修得して、循環型社会構築の課題解決に応用できること。
6. 環境政策、環境マネジメント及び環境リスクなどに関する知識・技術を修得し、持続可能な社会づくりに応用できること。
7. 卒業研究などを通じて、自主的・継続的に学習する能力を養い、与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力を養うこと。
(D) 論理的な思考力と豊かなコミュニケーション能力を身につけた技術者の育成
1. 物事を論理的に考え、文書の作成ができ、さらに、口頭による説明や討議ができること。
2. 外国語を学び、国際的に通用するコミュニケーション能力の基礎を身につけること。


講座のご案内

講座名 概要
環境工学講座 私たちの生活と健康を守り、快適な生活環境をつくるための水環境の保全に関して研究します。加えて、地球由来の天然資源から人工資源である廃棄物までの効率的な循環利用に関して研究します。
社会基盤工学講座 自然生態系と調和し、自然災害に強い社会環境の創造に向けて、河川や地盤、道路、エネルギー施設など、私たちの生活に関わる社会基盤を計画・建設・メンテナンスするための施策と技術を研究します。

研究事例

研究事例写真富山湾でのムラサキイガイによるバイオモニタリング調査。 研究事例写真植物を利用して、土壌から重金属などの有害物質を除去するファイトレメディエーション。
研究事例写真生態影響を評価する生態毒性試験。 研究事例写真国土数値情報や空中写真、衛星画像データなどを扱う地理情報システム。


教員一覧

教員については、研究者紹介のページをご覧ください。

環境・社会基盤工学科の自己点検評価及び外部評価

環境工学科の自己点検評価報告書及び外部評価報告書は、大学評価のページでご覧いただけます。