生物工学科

生命現象を分子レベルで解析。確実に応用できる能力を養成します。

微生物、植物バイオによるファインケミカル・基礎化学品・バイオ医農薬などの有用物質生産、ゲノム情報利用技術の開発、幅広い生物素材を用いた健康維持増進のための機能性食品の開発に取り組み、次代を担う研究者を育成。「グリーンバイオテクノロジー」における世界水準の研究拠点の形成をめざしています。
joho_p01 joho_p02 joho_p03

kikai_zu01


banner_kikai


教育目標

生物工学科の教育理念

生物工学は、医学、化学、食品、環境エネルギーなどの幅広い産業分野に利用され、健康、食料、環境の今日的課題を解決していくために、今後も発展が期待される学問分野です。生物工学科では、微生物系、生化学系、有機化学系、植物・食品・情報系の学問領域を基礎として、省エネルギーで環境にやさしいグリーンバイオテクノロジーの研究・開発に携わる基礎的な学力と専門的能力を身につけた、人間性豊かな創造力と実践力を兼ね備えた人材を育成することを目標にしています。そのために、少人数教育による講義、演習、実験と各種ゼミを実施したうえで、学生が主体的・意欲的にチャレンジする課題研究・卒業研究を通して学生の多面的な思考力を養い、生物工学分野の基礎・応用能力を育成することを目指しています。
また本学科では、新技術の創出や製品開発を行うために必要かつ有用な人材を育成し、知能・技術の高度化、集積化を支える事業を積極的に推進し、地域の発展や国際化に役立つ学科を目指します。


生物工学科の学習・教育目標

(A) 広い視野を有し、高い倫理観を持った人間性豊かな技術者の育成
1. 社会、文化、自然、環境に関連した幅広い教養と、技術者としての高い倫理観を身につけ、生涯にわたりキャリアを形成していく力を育むこと。
2. 新技術に対して自発的に興味を持ち、積極的に学習できる能力を身につけるとともに、それらが社会および環境に対して及ぼす影響を理解することができること。
(B) 生物工学分野の幅広い知識と高度な技術を持った技術者の育成
1. 有機化学、生化学、微生物学及び分子生物学を基盤とする生物工学と生命科学の基礎知識を習得すること。
2. 卒業研究等を通して、問題の発見、解決法の計画と実践、結果の解析、発表を行う能力を養うこと。
3. 遺伝子組換え農作物、遺伝子改変生物などの作成を可能とする21世紀のバイオテクノロジーに対応できる高度な専門性を習得すること。
4. 国際的に通用するレベルの研究に参画することにより,最先端の高度な専門知識と技術を駆使する研究開発法や論理的思考法を学ぶこと。
5. 好奇心旺盛で明快な問題意識を持ち,創造的研究開発に積極的に取り組むことができること。
(C) 地域社会の振興発展に貢献する、実践的行動力に満ちた技術者の育成
1. 地域の特性を把握し、技術的問題点などの課題を理解できること。
2. 地域が抱える技術的課題の解決を通して、地域の産業経済の発展に寄与すること。
(D) 創造的研究を立案し推進する能力、および高いコミュニケーション能力を持った国際的技術者の育成
1. 日本語でのコミュニケーション(読む、書く、聞く、話す)能力を深化し、研究テーマの企画立案、遂行にあたり、説明責任を果たすことができること。
2. 英語での情報収集、活用、発信ができること。
3. 教養科目、生物工学専門基礎科目、生物工学専門科目、演習科目を通して英語能力、プレゼンテーション能力を強化し、外国文化を理解し、国際感覚を養うこと。


講座のご案内

講座名 概要
酵素化学
工学講座
環境に負担をかけない有用物質生産をめざし、酵素の工業利用を研究します。
応用生物プロセス学
講座
微生物細胞や新開発の酵素を応用し、医農薬などを高効率で生産するバイオプロセス(生産工程)の研究に取り組みます。
微生物
工学講座
抗生物質の生産など、医農薬に応用できる自然界の有用微生物を研究します。
生物有機化学
講座
微生物が生産する物質の化学的特性を探り、医農薬などへの応用に向けた新たな有機合成法を研究します。
機能性食品
工学講座
食品素材や微生物など幅広い素材を対象として健康増進などに役立つ機能性食品を研究します。
植物機能
工学講座
植物が有する酵素や代謝機能を解明し、有用物質生産へ応用する研究に取り組みます。
応用生物情報学
講座
生物情報学(バイオインフォマティクス)を駆使し、新たな観点からの微生物学を展開します。

研究事例

研究事例写真メチルアスパラギン酸アンモニアリアーゼの結晶と、X線結晶構造解析により解明した酵素の立体構造。 研究事例写真DNA配列は蛋白質の基本設計図。
分子生物学や生体触媒の改良に今や必要不可欠。
研究事例写真抗疲労食品の開発を目的とした疲労メカニズムの解明。(マウス遊泳実験) 研究事例写真カテキンやエピカテキン類がいくつも縮合したプロアントシアニジン類の構造。


教員一覧

教員については、研究者紹介のページをご覧ください。

生物工学科の自己点検評価及び外部評価

生物工学科の自己点検評価報告書及び外部評価報告書は、大学評価のページでご覧いただけます。