機械システム工学科

環境の時代を創造し、思考する。高度な専門技術者を育成します。

21世紀の重要課題である循環系社会の構築に貢献する「環境調和型ものづくり」に対応した機械工学の教育・研究を実践しています。
 
kikai_p01 kikai_p02 kikai_p03



 


教育目標

機械システム工学科の教育理念

機械システム工学科では、機械工学に関する確かな基礎学力と幅広い視野、豊かなコミュニケーション能力を有し、循環型社会の構築に貢献する機械技術者の育成を目指しています。その達成のため、全学的に実施されている教養教育やキャリア形成教育、環境リテラシー教育と密に連係した、幅広く、かつ体系的な教育課程を編成しています。さらに、グループで課題に取り組む授業や教員の指導の下に進める卒業研究等を通じて、豊かな人間性を育み、課題探求能力を向上させることにも注力しています。


機械システム工学科の学習・教育目標

(A) 確かな基礎学力を有する人材の育成
1. 機械システム工学の理論・実験の基礎となる数学・物理・化学を学習し、基本的な法則・公式を理解できる。
2. 自然科学に関する基礎実験手法を学習し、誤差を理解し、実験結果をまとめることができる。
3. コンピュータリテラシーを学習し、情報収集、情報処理、プログラミングを行うことができる。
4. 製図法を学習し、平面図、立体図の読取、機械部品の表現ができる。
5. 機械に関連した課題に対して、個人ならびにチームで問題点と解決策を考え、設計・製作・検証ができる。
6. 技術者倫理に関する学習を通して、機械システム工学にかかる倫理規定等を理解し、倫理的・専門的責任を自覚できる。
(B) 循環型社会の構築に貢献する機械技術者の育成
1. 熱と流れに関する基礎知識を学び、演習を通して着実に身につけ、機械の開発・設計・運用に応用できる能力を養う。
2. 固体力学に関する基礎知識を学び、演習を通して着実に身につけ、機械の信頼性を中心に品質の向上に応用できる能力を養う。
3. 設計・生産に関する基礎知識を学び、演習を通して着実に身につけ、機械の機能やライフサイクル、環境に配慮した製品の実現に役立つ能力を養う。
4. 材料の設計・加工に関する基礎知識を学び、演習を通して着実に身につけ、適材適所な材料選択を機械の設計・製作に応用できる能力を養う。
5. 実験や数値解析を行う能力を身につけ、結果の解釈およびモデル化、研究計画を立案、実施できる能力を養う。
(C) 幅広い視野と豊かなコミュニケーション能力を有する人材の育成
1. 人間・文化・社会・環境について理解を深め、地球的視点から多面的に物事を考えることができる。
2. 機械システム工学に関連した発表と討論ができ、英語による要旨説明ができる。
3. 地域社会との繋がりを理解し、機械システム工学を通じて、地域に貢献しようと意識できる。


講座のご案内

講座名 概要
熱流体
工学講座
エネルギーの輸送・変換・利用技術と密接に結びつく、熱の移動や様々な流動現象、熱物性などに関する教育研究を行っています。
固体力学
講座
電子機器、自動車、産業機械などの信頼性や品質の向上に必要な固体材料の強度や変形について、実験と数値シミュレーションの両面から検討を行い、ものづくりに必要な技術を研究します。
設計生産
工学講座
機械の挙動を考慮した機能設計、製品のライフサイクル設計、製品及び形状モデリングについて研究します。
材料設計加工学
講座
材料(高分子、金属、複合材料)の基礎的性質の理解からその高性能化まで総合的に研究を行います。

研究事例

研究事例写真 カーボンナノコイルを用いたナノコンポジットの開発。 研究事例写真 t-FFDによる自由形状変形「人差指」の内部に“骨格”を設定し、指を曲げた形状を生成。
研究事例写真 疲労試験後の破断面の電子顕微鏡写真。 研究事例写真 感圧塗料によって捕らえられた超音速ノズル内部の圧力変動。


教員一覧

教員については、研究者紹介のページをご覧ください。

機械システム工学科の自己点検評価及び外部評価

機械システム工学科の自己点検評価報告書及び外部評価報告書は、大学評価のページでご覧いただけます。