工学部教育課程の特色

<工学部>

○機械システム工学科
21世紀の重要課題である循環型社会の構築に貢献する「環境調和型ものづくり」に対応した機械工学の教育・研究を実践しています。

○知能デザイン工学科
情報通信技術、ロボット技術、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、脳科学などの進展により、社会の基盤となる科学技術は大きな転換期を迎えています。「賢い(インテリジェント)システム」をキーワードに、福祉技術、ロボット技術、インタフェース技術、超微細加工技術、計測技術、デバイス技術などの革新的な技術開発につながる教育と研究を行っています。

○電子・情報工学科
「人間に優しい電子情報システム」の実現を目的とした電子工学、情報工学の基礎知識から専門知識まで身につけ、様々な社会の変化に柔軟に対応できる高度な専門技術者および研究者を育成します。

○環境・社会基盤工学科
土、水、大気、生物などの自然環境と人が生活する社会環境がかかわることで生じる環境問題を、地域レベルから地球規模まで体系的に理解します。その環境問題の解決のために様々な角度から専門教育と研究を実践し、持続可能な社会づくりに取り組んでいます。

○生物工学科
微生物、植物バイオによるファインケミカル・基礎化学品・バイオ医農薬などの有用物質生産、ゲノム情報利用技術の開発、幅広い生物素材を用いた健康維持増進のための機能性食品の開発に取り組み、次代を担う研究者を育成。「グリーンバイオテクノロジー」における世界水準の研究拠点の形成をめざしています。

○医薬品工学科
物理化学、無機化学、有機化学、材料化学、生化学、微生物学、薬理学、細胞工学、製剤学等の学問領域を基礎として、医薬品の研究・開発・製造に携わる基礎的な学力を身に付け、将来、医農薬、食品、化学関連分野で活躍できる、創造力と実践力を兼ね備えた人材を工学の観点から育成することを目標にしています。