工学部アドミッションポリシー

富山県立大学のアドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

 富山県立大学は、工学系公立大学として、科学技術の素養に富み人間性豊かな人材、そして創造力と実践力を兼ね備え、地域および社会に貢献できる人材の育成を教育の基本方針としています。
 特に、21 世紀の重要な課題である「自然や人間に優しい技術の創出」に役立つ教育研究を重点として、しっかりとした専門的学力と深い探究心を育てることに力を注いでいます。
 さらに、かの「万能の天才」レオナルド・ダ・ヴィンチの旺盛な創造意欲や好奇心に学び、新たな可能性にチャレンジする気概を育てることをめざしています。

以上のような教育方針のもと、本学では、学生の皆さんの成長を確かなものとするために、次のような心構えや意欲をもった学生の入学を希望します。
1 自然科学に興味を持ち、科学技術の基盤となる理系の基礎学力がある。
2 困難な問題に直面しても、問題の解決に向けて努力しようとする。
3 自分で考え、自分の言葉で表現しようとする。
4 自然・環境や人間を大切にし、自らの活動を通して社会に貢献したいと思う。

●機械システム工学科では特に次のような人を求めます
 機械工学分野の基礎知識と学力を身につけ、幅広い視野をもって機械技術者の立場から地球環境問題などの今日的課題に立ち向かう意欲のある人

●知能ロボット工学科では特に次のような人を求めます
 機械・電子・情報の工学分野の基礎知識と先端技術を身につけ、幅広い視野で次世代ロボットを支える賢いシステムの創造と設計に挑戦する意欲のある人

●電子・情報工学科では特に次のような人を求めます
 人間に優しい高度情報社会の実現に向けて、コンピュータと情報ネットワークの高度化、豊かな情報メディアの構築と信頼性の高い情報通信システムの開発に情熱を持つ人

●環境・社会基盤工学科では特に次のような人を求めます
 循環型社会の構築、自然との共生及び地球環境保全に貢献する知識・技術を身につけ、広い視野にたってさまざまな環境問題を解決しようとする意欲のある人

●生物工学科では特に次のような人を求めます
 環境調和型社会の実現に向けて、グリーンバイオテクノロジーの視点から研究・開発を行い、健康、食料、環境などの課題を解決する意欲を持つ人

●医薬品工学科では特に次のような人を求めます
 健康長寿社会の実現に向けて、工学の視点から研究・開発・製造を行い、優れた医薬品や医療技術を生み出す意欲を持つ人

<入学者選抜の基本方針>
 本学の求める学生像に合致した人材を幅広くかつ的確に見出すために、多様な選抜方式を実施します。

【一般入試(前期日程)】
 理系の基礎学力を重視し、大学入試センター試験と個別学力検査を課し、これらと調査書の内容を総合して選抜します。

【一般入試(後期日程)】
 理系の基礎学力を重視し、大学入試センター試験を課し、これと調査書の内容を総合して選抜します。個別学力検査は課しませんが、大学入試センター試験については前期日程より数学、理科を重視した配点としています。

【推薦入試】
 英語、数学の基礎学力テストを課すとともに、面接において論理的な思考力、判断力等を評価し、これらと出願書類の内容を総合して選抜します。

【私費外国人留学生入試】
 日本語と理系教科(数学、理科)の日本留学試験を課すとともに、面接において論理的な思考力、判断力、英語の基礎的な力等を評価し、これらと出願書類の内容を総合して選抜します。

【編入学試験】
 自然科学に関する分野の総合問題を課すとともに、面接試験において志望理由、志望学科に関する分野の質問を行い、これらと出願書類の内容を総合して選抜します。