トップ > 地域協働支援室

地域協働支援室

room

 学生の主体的な活動を行う場としての「アクティブラーニング協働スペース」では、 多様にレイアウト可能なテーブルと椅子やホワイトボードが設置され、 ゼミ等での地域協働授業や地域の人々との対話、意見交換が行われています。 そのスペース内に、本事業の活動拠点としての「地域協働支援室」があります。 「地域協働支援室」は、コーディネーター2名とCOCOSに在籍するTA(学生助手)が中心となり、地域協働授業や学生の主体的な活動をサポートするとともに、 COC事業推進のため、行政や地域団体の調整活動等を行っています。

地域協働支援室メンバー

  • 統括コーディネーター:奥田 實
  • コーディネーター:堺 勇人
  • COCTA:学生