教員のサポート

本学では、学生の疑問や悩みに応えるために全学的な相談・サポート体制を整えています。

クラス、ゼミ

工学部では、履修上の相談、消費生活上のトラブル等の相談、留年・休学学生へのケアなどに対応するため、ゼミ指導教員による学生相談体制が整備されています。

ア 1年次生  教養ゼミ

イ 2年次生  1年次のときの教養ゼミ担当教員、トピックゼミ

ウ 3年次生  プレゼンテーション演習、専門ゼミ、卒業研究1

エ 4年次生  卒業研究、卒業研究2

工学部の全教員がそれぞれのゼミ生を担当し、学生生活上の諸問題についてきめ細やかな指導・助言にあたっています。

また、環境・社会基盤工学科及び生物工学科、医薬品工学科ではクラス制をとっており、クラス担任が指導・助言しています。

なお、3年次生ゼミ及び卒業研究ゼミにおいては、指導教員による就職指導も行っています。


オフィスアワー

教員があらかじめ研究室等に常駐する時間を定め、学生が確実に教員に質問・相談できる時間を確保しています。全教員が授業内容や進路などに関する質問・相談に応じています。

各教員のオフィスアワーの時間帯は、掲示板と講義支援システム(エスプリ)で学生に知らせます。


キャンパスハラスメント相談員

キャンパスハラスメント(大学内でのいじめや嫌がらせ)を受けたと感じたときは、「キャンパスハラスメント相談員」や身近な教職員が相談に応じています。学生の悩みや苦情を親身に聞き、今後の対処法などを含め速やかな解決を目指しています。

相談員等のプライバシーは厳重に守られ、また、相談者が相談等により不利益を受けることはありません。


事務局

事務局でも、履修や施設利用、奨学金、授業料減免、課外活動など学生生活の基本的な情報提供や相談対応を幅広く行っています。