授業料免除、奨学金

(1)授業料の免除

経済的理由によって、授業料の納入が困難であり、かつ、学業成績が優秀と認められた学生に対して、前期(4月~9月)、後期(10月~3月)の各学期ごとに選考のうえ、その学期に納入すべき授業料の全額又は半額が免除されます。

免除を願い出ようとする学生は、所定の書類を、前期分については4月の指定する期間内に、後期分については10月の指定する期間内に、教務課へ提出してください。

必要書類の配布及び出願期間等については、その都度、掲示で案内します。(授業料免除の申請を行うには、原則として日本学生支援機構等の奨学金を受給または申請していることが条件となっています。)

○平成30年度前期授業料免除申請について

>>詳しくはこちら → 平成30年度前期授業料免除制度について

(2)奨学金

経済的理由により授業料などの支払が困難な学生を経済的に援助する制度として、日本学生支援機構(旧 日本育英会)の奨学金をはじめ、地方公共団体や民間育英奨学団体の奨学金があります。

これらの奨学金は、いずれも学業・人物ともに優秀で、かつ健康である学生に貸与されるものです。

※上記の奨学金制度には、貸与を受けることができる学生数に一定の制限があるため、必ずしも希望者全員が採用されるわけではありません。


○日本学生支援機構奨学金について

1.奨学金の種類と貸与月額

左へスライドさせてご覧ください。
奨学金の種類 貸与月額 貸与期間
工学部
無利子奨学金
自宅通学 2万(※)、3万、4.5万円から選択 貸与開始の年月から
卒業又は修了するまでの
最短修業期間
自宅外通学 2万(※)、3万、4万(※)、5.1万円から選択
工学部
有利子奨学金
2万~12万円(1万円単位)から選択
大学院
無利子奨学金
博士
前期課程
50,000円又は88,000円から選択
博士
後期課程
80,000円又は122,000円から選択
大学院
有利子奨学金
5万、8万、10万、13万、15万円から選択
※印の付いた金額は、平成30年度入学生のみが貸与可能です。

2.手続き

奨学生(奨学金を受ける学生)の募集は、4月に行います。

奨学金を希望する学生は、事務局から手続の方法や期間などについてお知らせしますので、掲示板に注意してください。なお、1年次生については、入学時のオリエンテーションの中で詳しく説明します。その他、特別な事情により緊急に奨学金が必要となった場合には、教務課まで相談に来てください。


3.奨学生の義務

・学業について

奨学生の学業成績は、毎年日本学生支援機構へ報告することになっています。成績が著しく不良であったり、修得単位が不足したりすると、停止、廃止等の処置が取られますので注意してください。

・返還について

この奨学金は貸与されたもので、卒業又は修了後、返還する義務があります。災害、病気、失業その他やむを得ない事由があって返還が困難な場合は、願出により返還が猶予されます。

工学部生の方へのご案内(日本学生支援機構奨学金)はこちら

大学院生の方へのご案内(日本学生支援機構奨学金)はこちら

日本学生支援機構HPはこちら


4.卒業された方へ

奨学生であった皆様へ

○日本学生支援機構以外の奨学金について

 地方公共団体、財団法人等で奨学制度を設けている団体があります。これらの奨学金は、それぞれ募集時期、出願時期等が異なっていますので、詳細については、各団体に問い合わせるとともに、本学の学生掲示板に注意してください。

工学部生の方へのご案内(富山県奨学金)はこちら

大学院生の方へのご案内(富山県奨学金)はこちら


○奨学金の返還について

奨学金の多くは貸与されたものであり、卒業後又は修了後は必ず返還する義務があります。

返還にあたっては、地方公共団体や企業などで、返還を助成する以下のような制度を設けている場合があります。

この他の奨学金返還助成制度については、本学の学生掲示板にて随時情報提供をしていますので、対象となる学生は掲示板に注意してください。

また、各制度の詳細については、各団体に問い合わせてください。

  明日の射水を担う若者定住助成金制度について

 ・日本学生支援機構の奨学金を利用した県外出身の学生で、卒業後就職し、射水市内に定住される方に対して、年間返還額の2分の1の額を助成します(年間上限96,000円)。