富山の魅力

富山の魅力地図
3大都市圏より、意外に近い富山県
 

富山は、東京、大阪、名古屋からほぼ等距離にあり、高速交通網の充実により移動の所要時間が大幅に短縮されています。(→詳細はこちら)特に、平成20年7月、「東海北陸自動車道」が全線開通し、小杉IC(大学から約5分)~一宮IC間が2時間50分、東海地域がグンと近くなりました。また、平成27年3月の北陸新幹線開業で、富山・東京間の移動時間が2時間8分に短縮されました。富山県立大学のある射水市(いみずし)は、富山県のちょうど真ん中。海や山、そして県内各地の観光スポットへのアクセスもバッチリです。

 
富山の魅力を紹介するホームページ
 
 
富山湾の神秘「ホタルイカ」
富山湾の神秘「ホタルイカ」
富山湾の王者「ブリ」
富山湾の王者「ブリ」
富山湾の宝石「シロエビ」
富山湾の宝石「シロエビ」
 
富山の主な観光スポット
 
雨晴海岸
雨晴海岸
「日本の渚百選」に選定
富山湾越しに見る立山連峰の眺め、白い砂浜、松林。万葉歌人・大伴家持も、この地で多くの歌を詠んでいます。
国宝 瑞龍寺
国宝 瑞龍寺
加賀藩の歴史を今に伝える
加賀二代藩主前田利長の菩提寺で、平成9年、国宝に指定。江戸時代初期の禅宗寺院建築として高く評価されています。
五箇山合掌造り集落
五箇山合掌造り集落
富山が誇る世界遺産
日本の原風景を思わせる合掌造りの家々。かつては「鳥も通わぬ」と称された秘境・五箇山も、今は富山県を代表する観光地です。
しんきろう
しんきろう
見れたら、ラッキー♪
富山湾の水平線上に、遠方の風景が伸びたり、反転した虚像が出現。4月から5月のしんきろうは春の風物詩になっています。
立山黒部アルペンルート
立山黒部アルペンルート
大自然のスケールを体感
北アルプス立山連峰を貫く国際的山岳観光ルート。大自然のダイナミズムが思う存分楽しめます。
となみチューリップフェア
となみチューリップフェア
450種、100万本のチューリップが彩る花の祭典。毎年ゴールデンウィークにかけて開催される春のビッグイベントです。
おわら風の盆
おわら風の盆
毎年9月1日から3日にかけて八尾で行われる、おわら風の盆。哀調を帯びた胡弓の音色と幻想的な舞い姿が人々を魅了します。
立山黒部アルペンルート しんきろう おわら風の盆 五箇山合掌造り集落 となみチューリップフェア 国宝 瑞龍寺 立山黒部アルペンルート しんきろう おわら風の盆 となみチューリップフェア 五箇山合掌造り集落 国宝 瑞龍寺 雨晴海岸 雨晴海岸