大学生活ムービー


講座紹介


入試情報


スライドショー

学科紹介

ホーム > 学科紹介

情報システム工学科

富山県立大学情報システム工学科は、2006年4月、大学の改組に伴い電子情報工学科を母体として発足しました。それ以来、2015年3月までに280人以上の人が当学科で学び、卒業していきました。現在、当学科には200名ほどの学部学生が所属し、情報システム工学専攻の40名ほどの大学院生と共に、学術の道を歩んでいます。彼らの教育と研究指導は18名の教員が担当しています。

情報システム工学科では、「人間に優しい高度情報システム」の実現を目的とした情報システム工学の基礎および専門教育、研究を実践しています。ITを豊かな人間生活の創造に役立てることをめざし、情報と通信を融合させた人間支援のための情報ネットワークづくりに取り組んでいきます。

本学科は、次の3講座で構成されています。

それでは、これらの講座でどんな技術に取り組んでいるのか説明しましょう。

講座紹介

情報メディア工学講座

情報メディア工学講座では新しいヒューマンインタフェース技術やマルチメディア処理技術、インターネット、大規模分散処理ネットワークなどの構築技術を研究します。

システム最適化に基づくかしこい問題解決の実現
システム最適化に基づくかしこい問題解決の実現

行政レベルから日常生活に至るまでの様々な規模のシステムを相手に,かしこい設計・運用の実現を図ります.ヒトを含むシステム全体をモデル化し,新たな問題解決の方法論の確立を目指します.

【担当教員】 榊原一紀
人間に優しい次世代映像サービスの研究・開発
動画像処理技術で広がる人に優しい社会の実現

動画を研究対象として,見やすい動画への自動変換技術や,遠隔見守りシステムの構築の研究を行っています.また,簡便な3次元映像表現手法についても研究しています.

【担当教員】 西原功
情報ネットワークの管理と制御
情報ネットワークの管理と制御
  • 情報ネットワークの性能を測定法とその応用
  • 情報ネットワークのトラヒックや電源の最適制御法
  • 情報ネットワークの最適計画技術
【担当教員】 太田聡
ブレインマシンインタフェース(BMI/BCI)
ブレインマシンインタフェース(BMI/BCI)

バーチャルリアリティ技術を利用して,脳情報によってコンピュータを操作するBMI/BCIの研究を進めています.

【担当教員】 唐山英明
コンピュータ・ネットワークの計測と品質評価
コンピュータ・ネットワークの計測と品質評価

コンピュータ間通信で重要となるさまざまな「遅延時間」を計測しています.計測やシミュレーションでネットワークを評価し,効率的な改善を図ります.

【担当教員】 小林香

通信ネットワーク工学講座

通信ネットワーク工学講座ではブロードバンド・ネットワーク、携帯電話、宇宙通信など、多様な通信技術を融合したグローバルな通信・ネットワークおよび、その構成要素としての半導体デバイス、半導体集積回路の理解と技術開発に関する研究を行います。

生活支援に係わるICT活用の研究
生活支援に係わるICT活用の研究
  • 障害者のための遠隔からの活動支援システム
  • RFIDタグを活用した位置特定技術とその応用
【担当教員】 松本三千人岩本健嗣
情報通信を支える半導体デバイスの研究
情報通信を支える半導体デバイスの研究

情報通信を支えるLSI 技術のさらなる発展に寄与するため、半導体デバイスの高性能化、高密度化そして新たな機能の研究を行っています。

【担当教員】 松田敏弘岩田栄之
光通信ネットワークとその品質に関する応用研究
光通信ネットワークとその品質に関する応用研究
  • ベースバンドと放送波の同時光ファイバ伝送の研究
  • 伝送品質改善の研究
【担当教員】 松田弘成
コンピュータシミュレーションを利用した宇宙電磁環境調査及び電場応用システムの開発
コンピュータシミュレーションを利用した宇宙電磁環境調査及び電場応用システムの開発
  • 宇宙空間における電磁波動現象の研究
  • モバイル無線技術の開発
  • 電波応用技術の開発
【担当教員】 三宅壮聡
飛翔体を用いた宇宙電磁環境の調査とその応用
飛翔体を用いた宇宙電磁環境の調査とその応用
  • 飛翔体(観測ロケット・観測衛星)搭載用電波受信機の開発
  • 搭載機器の環境試験(EMC試験,真空試験など)用冶具の開発
  • 地球電離圏・磁気圏および惑星磁気圏における電磁波環境の調査
【担当教員】 石坂圭吾
三次元画像処理技術の開発および応用画像認識
三次元画像処理技術の開発および応用画像認識
  • 三次元環境での画像歪みを利用した位置姿勢認識
  • 遠隔地の任意方向情景を立体的に観察できる装置
  • 三次元立体情報の表示技術(いわゆる3Dディスプレイ)
【担当教員】 中田崇行

ソフトウェア工学講座工学講座

ソフトウェア工学講座工学講座では言語処理、コンピュータ・グラフィックス、www(ワールド・ワイド・ウェブ)、セキュリティなど、ユビキタスコンピュータ(どこでもコンピュータ)時代の基本と応用技術について研究します。

ユビキタス情報システムの社会的応用
ユビキタス情報システムの社会的応用
  • ユビキタスセンサを用いた自動行動取得
  • 自動取得データの分析に基づく行動支援
  • 自動取得データを用いたコミュニケーション支援
【担当教員】 鳥山朋二浦島智中村正樹
計算機ネットワークの効果的利用法の研究
計算機ネットワークの効果的利用法の研究
  • 復習利用を考慮した画面配信対応ノートツールの開発
  • 学生PCを対象とした講義用システム環境提供手法の検討
  • 地域サービスのための位置情報付きマイクロブログ活用法の検討
【担当教員】 安宅彰隆