大学生活ムービー


講座紹介


入試情報


スライドショー

カリキュラム

ホーム > カリキュラム

工学部情報システム工学科カリキュラム

情報システム工学科では、富山県立大学のカリキュラム・ポリシーに基づいて、教育により育成すべき人材の姿を教育理念にまとめています。この教育理念を実現するため、授業科目の体系は5項目からなる学習・教育目標を達成できるように構築されています。学生は、このように構成された科目を履修し、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に基づいた要件を満たしているならば卒業を認定され、学士(工学)の学位が授与されます。

このページでは上に述べた当学科の教育理念、学習・教育目標、学位授与方針を説明します。また、これらの方針にしたがって構築したカリキュラムの特色や当学科のカリキュラムにより得られる国家資格に関する特典についても説明します。

情報システム工学科 教育理念

情報システム工学科 学習・教育目標

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

建学の理念と目標に則り、以下の要件を満たす学生に対し卒業を認定し、「学士(工学)」の学位を授与する。

  1. 工学の基礎知識を有し、主体的に課題に挑戦できる。
  2. 社会・文化・自然・環境について広い視野と深い洞察力を有し、技術者としての社会的責任を理解している。
  3. 社会人として必要な基礎能力(コミュニケーション能力、情報活用力、言語能力、キャリア形成能力)を有している。
  4. 研究開発における課題解決能力と技術者としての実践力を備えている。

教育の特色

情報システム工学科のカリキュラムには次の特徴があります。

下の図は情報システム工学科で開講している専門科目とキャリア形成科目を図示したものです。この図によって授業科目の関係がどうなっているのか、学年の進行と共に授業内容がどう高度化していくのか、授業を通じてどのような学問体系が身につくのか、を理解していただければ幸いです(クリックで拡大)。

curriculum at glance

国家試験等による資格

 情報システム工学科の教育課程に関連のある国家試験等による資格は以下のとおりです。資格または試験免除の権利を得るには所定の単位を修得する必要があります。

Videos

情報システム工学科の紹介ビデオです。

Scene 1

授業科目の多くは講義の形式で行われます。一部の講義では聴講だけではなく、受講者自らが課題に取り組む演習の時間が設けられています。

高精細版はこちら


Scene 2

工学教育の特徴は学生実験を行うことです。座学で学んだ理論を、現実の現象として自分の手で確認することで、技術に関し深く理解することができます。結果をレポートにまとめる能力も身に着けます。

高精細版はこちら


Scene 3

大学教育の仕上げは卒業研究です。卒業研究では研究室に配属され、教員の指導の下で研究を進め、成果を卒業論文にまとめ、発表します。

高精細版はこちら


最初に戻る

大学院工学研究科情報システム工学専攻カリキュラム

大学院情報システム工学専攻では、富山県立大学大学院のカリキュラム・ポリシーに基づいて、教育理念を掲げています。この教育理念を実現するため、5項目からなる学習・教育目標が定められています。大学院生は、この学習・教育目標を達成するように授業科目の履修と研究を行い、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に基づいた要件を満たしているならば修了を認定され、「修士(工学)」または「博士(工学)」の学位が授与されます。

大学院工学研究科情報システム工学専攻 教育理念

私たちを取り巻く環境は、コンピュータによる情報処理技術やネットワーク技術を活用した高度な情報システムの普及によって、日ごとに複雑化、多様化、高度化し、急激に変化しています。また、一方では誰でも情報化の恩恵を享受できることが求められています。こうした社会や時代の要請に応えていくために、高度な人間支援システムを構築する情報技術の研究・開発や、その応用を推進していくことができる広い視野と広範な専門的応用力を有し、柔軟な発想のできる人材を育成していきます。

大学院工学研究科情報システム工学専攻 学習・教育目標

大学院工学研究科 学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

建学の理念と目標に則り、以下の要件を満たす学生に対し修了を認定し、「修士(工学)」又は「博士(工学)」の学位を授与する。

  1. 高度な専門知識を持ち、それらを活用できる。
  2. 論理的に思考・記述し、的確に発表・討議できる。
  3. 博士前期課程にあっては、研究方法を理解し自ら研究を進め、困難な課題に挑戦し、解決できる。
  4. 博士後期課程にあっては、自律的研究経験と高度の専門知識および俯瞰的視野を持ち、独立して研究開発を遂行できる。
最初に戻る