「河川流量観測の新時代」第1巻ダウンロードサイト

論文名 著者
河川流量観測の新時代(全文一括DL) 水文・水資源学会研究グループ「河川流量観測高精度化研究会」編  
「河川流量観測の新時代」の発刊にあたって 手計太一  
Common MPプロジェクトの進展と今後の河川流量観測の重要性 山田正 1
水文観測の現況と展望 中尾忠彦 7
流量観測の過去と未来 木下武雄 13
ADCPによる河川洪水観測の先進技術と観測に際しての基礎的な技法について 橘田隆史,下田力,疋田真,Hening Huang 19
ADCPやH-ADCPによる河川流量観測 二瓶泰雄 25
ADCPを搭載した橋上操作艇による洪水流観測技術の進展 岡田将治 34
河川実務者の観点から見たADCPによる流量観測技術開発の論点 萬矢敦啓,菅野裕也,深見和彦 46
ADCPを利用した流況・流量観測事例〜内川と黒部川〜 手計太一 56
河川音響トモグラフィーシステムによる河川流量の自動計測 川西澄,金子新,江田憲彰,児子真也 66
H〜Vs(地点表面流速)関係の変化から水理現象を読みとる 山口高志,中島洋一 73
都市二級河川における洪水流量観測と河川計画上の課題 宮本守,宮本強平,岩井茂雄 81
初めて流量観測を行うにあたっての注意点〜私的経験の備忘録〜 加藤拓磨 88

戻る

水文・水資源学会研究グループ「河川流量観測高精度化研究会」

岡田将治 (高知工業高等専門学校 環境都市デザイン工学科)
加藤拓磨 (国土交通省 国土技術政策総合研究所 河川研究部 水資源研究室 気候変動適応対策本部付)
手計太一 (富山県立大学 工学部 環境工学科)
宮本守 (独立行政法人土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM))
安田浩保 (新潟大学 災害復興科学センター)
萬矢敦啓 (独立行政法人土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM))