水文・水資源学会研究グループ「河川流量観測高精度化研究会」

【設立背景と目的】
国等の行政機関が河川計画を策定する際、河川流量データが必要となるが、様々な制約条件の下、比較的安価で入手可能な水位データからあらかじめ作成された水位―流量曲線により算出された連続流量データを使用しているのが実情である。しかしながら、水位からの評価のみでは、水理条件によっては誤差が大きくなる場合があり、高精度な流量データを計測するには高価な機材が必要となる。今後、気候変動による温暖化が降水量に与える影響は大きいと言われており、高精度な流量データを得ることがますます重要となっている。そこで本研究会では、高精度に河川流量を観測する方法を提案し、実河川のデータと比較・精度検証し、リアルタイム流量観測システムの構築を目指すものである。


「河川流量観測の新時代(New Phase of River Discharge Observation)」ダウンロードサイト

第1巻ダウンロードサイト
第2巻ダウンロードサイト
第3巻ダウンロードサイト
第4巻ダウンロードサイト
第5巻ダウンロードサイト


水文・水資源学会研究グループ「河川流量観測高精度化研究会」メンバー

岡田将治 (高知工業高等専門学校 環境都市デザイン工学科)
手計太一 (富山県立大学大学院 工学研究科)
宮本守 (独立行政法人土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM))
安田浩保 (新潟大学 災害復興科学センター)
萬矢敦啓 (独立行政法人土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM))

〔◎代表〕